抜歯?残す? 親知らずをどうすべきか判断する3つのポイント

親知らずはいつ生えてくるのかわからないものですが、しっかりと対処方法を知っておけば恐れる必要はありません。痛みがなくても親知らずを放置すると思いがけない問題を抱えることもあるのです。

それでは、親知らずを放置するとどうなるのかを含め、対処方法をご説明します。

  1. 親知らずを知っておこう
  2. 親知らずを放置するとどうなるのか知っておこう
  3. 親知らずの対策方法を知っておこう

1.親知らずを知っておこう

1-1.親知らずって何?

親知らずは最前列の歯から数えて8番目の歯で、ほかの永久歯と比べて遅く生えてきます。親が「子供の歯がすべて生えそろった」と思っているのに子供には新しい歯が生え、そのことを知らずにいるということがこの歯の名前の語源です。しかし、実際のところ親だけではなく、本人もいつ親知らずが生えるのかはわかりませんし、人によっては生えてこないこともあります。

お気づきの方もおられると思いますが、親知らずは決して悪い歯ではなく、ただ成長が遅いだけの永久歯のひとつです。ですから、親知らずが生えてきてもこなくても、全く問題はありません。問題となるのは、親知らずの生え方が悪かった場合です。

1-2.親知らずの生え方の種類

親知らずは通常の歯と同じように正常に生えることもあります。その場合、一切問題はありません。また、親知らずは表面にでることなく、歯茎(はぐき)の中に埋もれたままになる場合もありますが、こちらも問題となることはほとんどないでしょう。問題を起こしやすい生え方は、横向きに生えることやほかの歯を押すようにして生えてくることです。

このように生えてきた親知らずは口腔(こうくう)内の衛生環境を悪くしたり、ほかの問題のない歯に影響を与えたりします。そのような悪さをする親知らずを放置しておくと、とんでもない問題を引き起こすことがあるのです。

1-3.親知らずが引き起こす問題は?

生え方がよくない親知らずは、虫歯や歯周病の原因になります。虫歯や歯周病は口臭や細菌感染へとつながりかねません。また、親知らずがほかの歯を押すと、歯並びが悪くなったり、かみ合わせに影響を与えたりもします。この状況が、頭痛やバランスの悪さによる血行障害を引き起こすのです。この中で最も危険なリスクは細菌感染ですが、この感染がのどや胸部に広がった場合には命を落とす危険もあります。

親知らずは正常に生えないと、虫歯や歯周病の原因になる可能性があるんですね。
はい。親知らずが正常に生えなかった場合、歯医者で治療が必要になります。

2.親知らずを放置するリスクを知っておこう

2-1.親知らずを放置しておいてよいケース

親知らずがきちんと生えていて、違和感や痛みがないのであれば、その親知らずは放置しておいてよいでしょう。また、ななめに生えてきた親知らずでも、ほかの歯に影響を与えていないのであれば、放置しておくことも最近は多くなっています。というのも、親知らずは、ほかの歯がダメージを受けた場合のブリッジや入れ歯の土台ともなるので、将来役立つこともあるのです。そのため、本当に親知らずを抜くべきかどうかについてはセカンド・オピニオンをしっかりと受けて決断するようにしてください。

2-2.痛みがなくても治療するべき場合がある

親知らずの引き起こす問題のうち、最も注意をするべき点は細菌感染です。親知らずの生え方によっては、歯みがきがどうしても行いにくい場所が生じます。そのような場所は、やがて細菌の巣窟(そうくつ)になり、食べ物のカスが発酵(はっこう)して口臭や細菌感染の原因となるのです。そのため、痛みが生じてはいなくても、親知らずの生え方に違和感を抱くことがあるなら、早めに歯医者で相談してください。

2-3.痛みを放置するときのリスク

親知らずやその周辺の歯に痛みを感じるのであれば、すぐに歯医者に行って、診察してもらいましょう。痛みは必ずしも継続して生じるのではなく、やがて痛みを感じなくなることもあります。しかし、少しでも痛みを感じたならば、決して放置してはいけません。その痛みの原因が細菌感染である場合には、次の痛みは歯ではなくほかの場所に生じることもあるのです。歯の細菌感染が首から下に広がった場合には、その致死率は20%ほどになると述べる専門家もいます。痛みを感じたならば、必ず歯医者で親知らず周辺の状況を検査してもらうようにしてください。

親知らずは痛みがあれば治療を受けるべきなんですね。
はい。痛みを我慢してはいけません。

3.親知らずの対策方法を知っておこう

3-1.歯医者に行くタイミング

親知らずが生えてきたことがわかったなら、まずは歯医者に行きましょう。親知らずの生える方向を確認することで、歯医者ではその後の危険性を予期してもらうことができます。ほかの歯に影響を与えるほど親知らずが成長してからでは、治療方法が困難になることもあるので注意しましょう。もちろん、その親知らずは放置しておいてよいとの判断となることもありますが、そのために用いた時間と費用は安心料として考えてください。

3-2.親知らずの治療方法

親知らずを診てもらうために歯医者に行っても、必ずしも親知らずを抜くわけではありません。とはいえ、もし親知らずがほかの歯に影響を与えていたり、明らかに将来問題を引き起こしたりすることが予期される場合には、親知らずを抜くことになります。手術は通常それほど難しいことではありません。特に上あごの親知らずは、抜いたあとも腫(は)れることは少ないものです。また、入院をする必要もなく、費用も数千円で手術も数十分で終わることが多いでしょう。いずれにしても、早めに対策をした方が軽い手術や治療で済みます。

3-3.自分でできる事前の確認

親知らずについては、早めの対策が大切です。ですから、自分で親知らずが生えてきたことがわかったなら、すぐに歯医者で診てもらってください。自己診断に頼ってあとで大きな問題になるよりは、専門家にきちんと確認してもらったほうが、より正確な診断と対策をとることができます。または、親知らずが生えてくる位置に違和感を抱く場合にも、すぐに歯医者で診てもらいましょう。まれに歯茎(はぐき)内で横向きに成長する親知らずもあり、埋もれた状態でほかの歯に影響をもたらずこともあります。

親知らずが生えたら、念のために歯医者を受診したほうがいいんですね。
はい。かかりつけの歯医者があればそこを受診し、生え方などを診てもらいましょう。

まとめ

親知らずは早めの対策さえとれば大きな問題にはなりません。しかし、対策が遅れるなら、

  • 虫歯や口臭の悪化
  • 歯周炎の悪化
  • ほかの健全な歯への影響
  • 細菌感染による病気や死のリスク

など多くの危険を招く結果になりかねません。ですから、親知らずの生える場所に違和感や痛みを感じたならば、すぐに歯医者で診てもらってください。

もしこの記事が役に立ったら、記事下のボタンを押してシェアしてくださいね。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供