歯が抜けた場合の対処と治療方法は? 抜けた歯の扱いや治療の必要性

事故やけがなど、何かしらの理由で歯が抜けた場合、どうすればいいのでしょうか。大切な歯が抜けると本当にショックです。二度とキレイな歯並びに戻ることができないと、絶望的な気持ちになってしまいます。しかし、最近は医療技術が進歩しているので、自分の歯を取り戻すことも可能です。

そこで、歯が抜けた場合の対処法や抜けた歯の扱い、治療の必要性・注意点について説明します。歯が抜けて困っている人は、ぜひチェックしてくださいね。

  1. 歯が抜けた場合の対処法
  2. 抜けた歯の扱い
  3. 治療の必要性・注意点

1.歯が抜けた場合の対処法

歯が抜けてしまった場合、パニックになってしまうでしょう。大切な歯だからこそ、抜けた後のスピーディーな対応が大切になります。歯が抜けるさまざまなシーンを考えて、抜けた場合の対処法について説明しましょう。

1-1.自然に歯が抜けた場合

何もしていないのに自然に歯が抜けた場合、歯周病が原因になっている可能性があります。歯周病は、歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。骨が溶けると支えがなくなり、自然と歯がぐらつき抜けてしまいます。

歯周病は、日本人のおよそ8割がかかっている国民病の1つです。1本の歯が歯周病で抜けてしまうと、周囲の歯にも悪影響を与えてしまうでしょう。そのため、できるだけ早めに対処しなければなりません。歯が抜ける前、「歯茎が痛い・腫れている」様子があれば、歯周病が原因だと考えてください。すぐに歯医者へ行きましょう。抜けた歯があれば、一緒に持ってくださいね。

1-2.強打して歯が抜けた場合

歯を強打して抜けてしまった場合、強い力が急に歯へかかってしまうでしょう。強い力に歯が耐えきれず、抜けてしまうのです。強打した場合、出血する可能性があります。出血していたら、ティッシュやガーゼをやさしく当てて止血してください。あまり強く圧迫することは逆効果になってしまいます。やさしく圧迫して止血することが大切です。

また、歯の中を清潔にしておかなければなりません。血が止まったら口の中をキレイに洗ってください。強くうがいをすると血が止まらなくなる可能性があります。そのため、軽くうがいをすることが大切です。強打したとたん、強い痛みを感じるでしょう。痛みは自然と治まりますが、念のため、すぐに歯医者に行ってくださいね。

1-3.歯科医院でできる応急処置

自分でできる応急処置は、「歯を清潔に保つこと」「すぐ歯医者に行くこと」です。歯医者に行けば、歯の抜け方によって適切な処置ができるでしょう。歯科医院でできる応急処置は、抜け方によって異なります。まずは、歯が抜けた部分から菌が入らないように消毒をしなければなりません。菌が入ってしまうと炎症を起こし、感染してしまうのです。

もし、穴が開いている場合は縫合をして感染を防ぎます。外傷によって歯が抜けた場合、周りの歯を針金で接着するでしょう。接着した後も神経の処置をしなければなりません。

歯周病が原因の場合は、人工歯や抜けた歯を接着剤で固定します。見た目をクリアしてから、歯周病の治療に進むでしょう。歯周病を治さなければ再び抜けてしまう恐れがあるので要注意です。このように、歯科医院では、歯の抜け方によって応急処置のやり方が変わることを覚えておいてくださいね。

2.抜けた歯の扱い

2-1.大事に保管して歯医者に持っていく

抜けた歯は今後どうすればいいのでしょうか。「すでに抜けてしまったから必要ない」と思いますよね。抜けた歯は大事に保管してください。抜け方によっては、応急処置で使う可能性があります。抜けた歯をそのまま捨ててはいけません。歯科医師は、抜けた歯の状態によって適切な治療を判断します。

抜けた歯も大事な資料・材料です。抜けてからそれほど時間がたっていない限り、再び骨にくっつく可能性もあります。抜けた歯をそのまま捨ててしまうと、自分の歯を取り戻すことができなくなってしまうので注意してくださいね。きちんとした対処法を把握しておけば、自分の歯を植え直すことができるのです。元どおりにできるかどうかは、歯の保存状態にかかっているでしょう。

2-2.正しい歯の保存方法

歯を元どおりにするため、抜けた歯の正しい保存方法を知っておきましょう。正しい歯の保存方法は、以下のとおりになります。

  1. 抜けた歯の根を触らない。(触ってしまうと菌が入る可能性があるため)
  2. 汚れている部分を歯専用の保存液か、または水道水で洗い流す。水道水を利用する場合は10~20秒かけてすすぐ。アルコールや石鹸を使うのはNG。
  3. 汚れを洗い流した後は、保存液につけておく。
  4. 2週間以内に保存液につけた歯を持って、歯医者へ行く。

以上の方法で、歯を保存してくださいね。洗った後、歯をそのままティッシュにくるむ、ケースに入れる人もいますが、それでは歯が乾燥してしまいます。保存液につけて保存することが大切です。

また、保存した歯を再びつけるなら2週間以内に歯医者へ行きましょう。できるだけ早めに行かなければ、歯が腐ってしまうので注意してくださいね。

3.治療の必要性・注意点

3-1.治療しないとどうなるか?

抜けてしまった歯を治療しなければ、さまざまな悪影響をもたらします。1本の歯だけが抜けたとしても、治療しないと隣の歯までぐらついてしまうでしょう。隣の歯まで傾いてしまえば、健康的な歯まで削らなければなりません。歯並びが悪くなってしまい、かみ合わせもおかしくなるでしょう。かみ合わせがおかしくなると、体のバランスも悪くなる可能性があるのです。

また、歯周病や虫歯にかかりやすくなるといわれています。歯周病が原因で歯が抜けてしまった場合、すぐに歯周病を治さなければなりません。せっかくキレイな歯並びを持っていたのに、歯の治療が遅れたせいで悪くなってしまうのは嫌ですよね。キレイな歯並びを維持するためにも、すぐに歯医者へ行きましょう。

3-2.抜けた歯を治療する際の注意点

抜けてしまった歯を治療するとき、注意点があります。歯科医師に抜けたときの様子や抜けた歯、血が出たかどうかなど、事細かく説明してください。できるだけ詳しく説明した方が、歯科医師も適切な処置ができるでしょう。抜けた歯の治療は、スピーディーな対応が大切になります。適切な処置をすれば、自分の歯も取り戻すことができるのです。後まわしにせず、できるだけ早く歯医者に行ってくださいね。

まとめ

歯が抜けた場合の対処法や抜けた歯の扱い方、治療の必要性・注意点について説明しました。
正しい対処法を知ることが大切ですよ。そうすれば、スムーズにキレイな歯を取り戻すことができます。

  • 自然に歯が抜けた場合は「歯周病」の可能性が高い
  • 強打して抜けた場合は「止血して清潔に保つ」
  • できるだけ早く歯医者にいく
  • 抜け方や状態によって歯医者の応急処置が異なる
  • 抜けた歯は大事に保管して歯医者へ持っていく
  • 正しい歯の保存方法を把握する
  • 治療しないと隣の歯が傾き、かみ合わせが悪くなる
  • スピーディーな治療、対処が大切になる

以上のポイントは、必ず押さえておいてください。正しい対処法を理解すると、抜けた歯をそのまま元どおりにすることだって可能です。抜けた歯は、きちんと保存して歯医者に持って行ってくださいね。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供