サリバテストとは? 虫歯予防・対策に必要不可欠な唾液検査とはどのようなもの?

「サリバテスト」という言葉をご存じでしょうか? サリバテストとは、唾液検査のことであり、虫歯予防には必要不可欠なものになっています。虫歯になりやすい体質の人には、ぜひ試してほしいテストです。1人1人、口内環境は異なるからこそ、サリバテストが大きな役割を果たしてくれます。

サリバテストでわかること、唾液検査とはどのような内容なのか、費用相場など、さまざまな視点から説明しましょう。サリバテストについて気になっている人は、ぜひチェックしてくださいね。

  1. サリバテストとは?
  2. サリバテストが必要な人
  3. サリバテストの費用相場

1.サリバテストとは?

サリバテスト、唾液検査とはどのような内容なのでしょうか。サリバテストの内容や必要性、サリバテストでわかることについて説明します。気になっている人は、ぜひチェックしてくださいね。

1-1.サリバテストはどういう検査?

唾液検査であるサリバテストの検査内容について説明します。サリバテストは歯科医院によって、細かい検査内容は異なるでしょう。主な検査内容は、「唾液の性質・量」「口の中にある細菌の種類・量」になります。唾液を検査することで、口の中にある菌の種類や量が把握できるのです。病気になったとき、診察や検査をしなければ何が原因かわかりませんよね。病気と同じことで、虫歯にも菌の種類があり、種類を把握しなければ治療ができないのです。

虫歯の菌は、「ミュータンス菌」と「ラクトバチラス菌」があります。2つの菌がどれほど多いのか、唾液を検査すればわかるでしょう。あなたの口内環境を調べるのが唾液検査になります。

1-2.虫歯予防・対策をするために必要不可欠

なぜ、サリバテストをしなければならないのでしょうか。理由は、虫歯予防・対策をするためです。虫歯になりやすい人ほど、普通の人より口内環境が悪化しています。虫歯のもととなる菌が繁殖しやすい状態になっているのです。上手に予防・対策をするためには、サリバテストで自分の口内環境を把握しなければなりません。

実際、あなたの口内環境を調べることで、あなたにぴったりな予防・対策法がわかります。原因が違えば、予防法も異なるので注意しなければなりません。あなたの虫歯は、何が原因なのか突き止めるために必要なのが、サリバテストなのです。虫歯になりやすい人は特に、サリバテストをおすすめします。

1-3.サリバテストでわかること

サリバテストでわかることはたくさんあります。最初にお話ししたとおり、虫歯の菌がどのくらい入っているのか「量」が判明するでしょう。「ミュータンス菌」「ラクトバチラス菌」どちらの量が多いのか、断言できます。

また、唾液の性質や量もわかるでしょう。唾液の量が少ない人は、虫歯になりやすい人です。唾液は口の中にある菌をすべて取りのぞく、大切な役割を持っています。唾液の量が少ないほど、口の中に菌が繁殖しやすいのです。

分泌量のほかにも、唾液緩衝能もわかるでしょう。唾液緩衝能とは、酸性・アルカリ性を持っている物質を中性に戻す能力のことを指しています。唾液緩衝能が低いほど、虫歯になりやすいので注意しなければなりません。

サリバテストをすれば、口腔中にどんな細菌がいるのかわかるんですね。
はい。虫歯予防に効果的です。

2.サリバテストが必要な人

2-1.虫歯・歯周病になりやすい人

虫歯予防・対策に大活躍してくれる「サリバテスト」は、虫歯・歯周病になりやすい人にぜひおすすめしたい検査です。虫歯・歯周病になりやすい人ほど、サリバテストが必要不可欠になるでしょう。

実際に、多くの歯科医院もサリバテストを受けるようにと呼びかけています。特に、何度も虫歯になっている、歯周病によって歯根が出てきている人は、しっかり検査を受けなければなりません。できるだけ早めにサリバテスト受け、適切な対策をしていかなければ、さらに口内環境が悪化してしまうでしょう。

虫歯や歯周病を繰り返していては、十分に食事を楽しむこともできません。何度も歯科医院に通うのは嫌ですよね。定期的な歯のメンテナンスで済むように、サリバテストを必ず受けましょう。

2-2.妊娠中・5歳以上の子供も必要

サリバテストは、妊娠中の女性、または、5歳以上の子供もおすすめしています。自分のためはもちろんのこと、生まれてくる子供のためにも虫歯予防に必要なサリバテストを受けておかなければなりません。子供の虫歯が不安な人ほど、妊娠中で予防をすることが大切なのです。妊娠中にしっかり虫歯予防をしておけば、生まれてくる子供の虫歯予防もできるでしょう。

また、5歳以上の子供は、乳歯から永久歯に変わるころです。永久歯に変わるときから、子供の虫歯が急速に増えるでしょう。生え変わったばかりの永久歯を守るためには、サリバテストが必要不可欠になります。永久歯に生え変わったときこそ、サリバテストが立派な虫歯予防になるのです。

虫歯や歯周病になりやすい人はテストを受けるといいんですね。
はい。口腔環境の改善の目安になります。

3.サリバテストの費用相場

3-1.サリバテストの費用はおよそ3,000円~4,000円

虫歯予防に効果的なサリバテストにかかる費用は、歯科医院によって異なります。さまざまな歯科医院の費用を確認したところ、相場はおよそ3,000円~4,000円とわかりました。それほど高くはありませんが、安くもない微妙なところですね。しかし、虫歯や歯周病になってから治療することを考えてください。後から治療するより、とてもお得な値段だと言えるでしょう。

虫歯・歯周病になってからでは、もっと高い費用がかかってしまいます。虫歯予防が数千円でできるのなら、事前に検査を受けておいた方が効率的です。歯科医院の中には、3,000円弱で検査が受けられるところもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

3-2.保険は適用できない

サリバテストだけでなく、日本では歯医者で受ける検査のほとんどに保険が適用できません。治療ならば適用できます。しかし、検査に関しては適用できないのが一般的なのです。そのため、日本は予防ではなく、治療中心になっています。保険は適用できませんが、虫歯や歯周病にならないためには「治療」ではなく、「予防」が大切なポイントであることを忘れないでください。きちんと予防できるかどうかで、虫歯や歯周病による影響が大きく変わってくるのです。

虫歯になって痛い思いをしたくない人は、ぜひサリバテストを受けて予防・対策をしてくださいね。できるだけ費用を抑えたい人は、さまざまな歯科医院を比較しましょう。実際に利用した人の口コミをチェックしながら比較してください。そうすれば、より安心して受けることができます。

サリバテストは健康保険が適用されないんですね。
はい。しかし、それほど高価なテストではないので、受けておいて損はありません。

まとめ

サリバテストの検査内容や重要性、サリバテストが必要な人、相場費用について説明しました。虫歯になりやすい人は、特に、サリバテストを受けた方が良いでしょう。これから虫歯予防をしていきたい人も、必ず押さえておきたい検査になります。検査内容や重要性をきちんと把握してから、サリバテストを受けてくださいね。

  • 自分の口内環境がわかるサリバテスト
  • 虫歯予防、対策をするためにおすすめの検査
  • 菌の種類や量、唾液の性質がわかる
  • 虫歯や歯周病になりやすい人
  • 妊娠中、5歳以上の子供
  • サリバテストの費用はおよそ3,000円~4,000円
  • 保険は適用できない

以上のポイントを踏まえ、上手に虫歯・歯周病対策をしましょう。虫歯や歯周病になってから治療するよりも、ならないように予防をした方が効率的です。事前にきちんと予防をしてくださいね。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供