歯石除去の方法は? 費用や歯石も予防法とともに紹介!

歯医者で歯石を取ってもらった経験がある方は多いでしょう。その際に「定期的に歯石除去に来てください」とすすめられた人もいると思います。では、歯石とはどのくらいの周期で除去すればよいのでしょうか?

そこで今回は、歯石除去の方法や費用についてご説明します。歯石を除去した後はしばらく歯が痛むという方は、歯医者に行く前にあることをチェックするとよいでしょう。

また、歯石は放っておくとある病気の原因になることもあります。歯を大切にしたいと思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 歯石とは?
  2. 歯石を取る前にここをチェック
  3. 歯石除去の方法や費用は?
  4. 歯石を予防する方法は?
  5. 歯石を取ると痛みを感じる場合は?

1.歯石とは?

まず始めに、歯石が発生する原因や歯石がつきやすい場所をご紹介します。いったいどのように歯石は発生するのでしょうか?

1-1.歯石はなぜできるの?

歯石は歯垢(しこう、別名プラーク)に唾液中に含まれるカルシウムやリンが結びついて生まれる石です。この現象を専門用語で「石灰化」といいます。歯垢は、歯の表面を爪の先などでひっかくとついてくる白いものです。食べ物のカスと思われがちですが、実は細菌の塊。ですから、どんなに丁寧に歯を磨いても完全に取り除くことは難しいのです。

1-2.歯石ができやすい場所は?

歯石は、歯垢が落ちにくい場所にできやすいです。「歯と歯茎の隙間」「下の前歯の裏側」「上の奥歯の外側」が特に歯石が付着しやすい場所と言われています。ここは歯ブラシが届きにくく、磨き残ししやすい場所でもあるのです。上の奥歯の外側は鏡でも見にくいため、歯石がたまっても気が付かない人も多いでしょう。

1-3.歯石はなぜ除去しなければならないの?

歯石自体は石ですから、特に害はありません。しかし表面がざらざらした歯石の隙間に歯垢がたまると、歯石が細菌の住みかになって虫歯や歯周炎が起こりやすくなります。また、歯石がたくさんついている歯は見た目も不潔です。

さらに、歯周炎が悪化すると歯周病になり歯が抜ける原因にもなります。歯石は虫歯の治療のついでに取ってもらう人も多いですが、問題がなくてもぜひ定期的に歯医者に通って除去してもらってください。

1-4.歯石除去をする時期の目安は?

歯石以外問題がない場合は、3か月に1度の割合で除去してもらうとよいでしょう。歯石のつき方には個人差があり、1カ月でかなりの歯石がたまってしまう人もいれば何年も歯石除去をしていないのに、歯の表面がきれいなままの人もいます。しかし、歯みがきが丁寧な人ほど歯石もたまりにくいそうです。ですから、歯石がたまりやすい方は自分の歯磨きのやり方を見直してみてください。

2.歯石を取る前にここをチェック

歯石除去をするとしばらく歯が痛む、という方は歯茎の腫れをチェックしてみましょう。健康な人の歯茎はピンク色で引きしまっています。赤くなっていたり腫れがある場合は、歯石を取ると痛みが残ることもあるでしょう。

また、あまり歯茎が腫れていると歯垢除去ができない場合もあります。歯医者に行く前にぜひ鏡で歯茎をチェックしてください。歯茎の腫れは歯周炎や初期の歯周病の可能性があります。こちらも治療が必要ですので、歯科医師に相談してみましょう。

さらに、歯石を長期間放っておくと固くなって取れにくくなります。その為、除去に力がかかり歯を傷める場合もあるのです。歯垢はまだ柔らかいうちに取りましょう。そうすれば、歯が痛くなることもありません。

3.歯石除去の方法や費用は?

では、歯石除去の方法にはどんなものがあるのでしょうか? この項で、費用の目安とともにご紹介します。

3-1.一般的な歯石除去の方法は?

歯石除去には、超音波の振動を利用して歯石を除去する専用の機械をつかいます。独特な音をたてて口の中で振動する機械、といえばイメージできる方も多いでしょう。これで取りきれなかった歯石は、スケーラーと呼ばれる鎌状の細い器具を使い手動でかきおとします。

3-2.歯周病患者の歯石除去の方法は?

歯周病になると、歯茎に「ポケット」と呼ばれる隙間ができます。この隙間に歯石が入り込むと、最悪の場合外科的処置で歯石を取り除くことになるのです。ですから、歯周病の方はよりこまめに歯石除去に通いましょう。

3-3.歯石除去の費用は?

歯石除去には健康保険が適用されます。ですから、3割負担で3千円前後が相場でしょう。しかし、柔らかい歯石は1度で取れますが、奥歯の隙間に入り込んだ歯石の除去には数回の通院が必要です。こうなると、もう少しお金がかかるでしょう。定期的に歯石を除去していれば、たいていの場合は1回で除去が終わります。

4.歯石を予防する方法は?

歯石の発生を予防することはできるのでしょうか? この項では、その方法をご紹介します。

4-1.デンタルフロスで歯の隙間まで磨く

歯を清潔に保つには、歯ブラシの他にデンタルフロスを使うと効果的です。デンタルフロスとは、歯の隙間の歯垢をかきだす糸状の用具のこと。「糸ようじ」という商品名でも売られています。歯石の元となる歯垢をできるだけ取ってしまえば、歯石も発生しにくいです。

4-2.歯石がつきにくい歯磨粉を使う

歯磨き粉の中には、歯石がつきにくい効果をうたったものもあります。それを使えば歯石の発生を防げるでしょう。また、口臭や歯周病の予防に使われる「リステリン」も歯石の発生を予防する効果があります。歯みがきの仕上げに使うとよいですね。

5.歯石を取ると痛みを感じる場合は?

歯周病にかかっている人は、歯垢除去の際に痛みを感じやすいです。歯周病が進行した人ほど、痛みは強くなるかもしれません。痛くてどうしようもないという場合は、麻酔を使ってくれますので、我慢せずに歯科医師に訴えてください。

また、歯周病の治療や予防に力を入れている歯医者は、歯石除去の大切さもよくわかっています。ですから、歯石除去が上手でアフターケアも万全という歯医者が多いです。「歯石を取ってもらいたいけれど、どこの歯医者がよいだろう?」と悩んでいる方は、歯周病の治療や予防に力を入れている歯医者を選びましょう。そうすれば、丁寧に歯石を取ってもらえます。

特に痛む箇所がなくても、歯石を取り除くついでに歯の状態をチェックしてもらうとよいでしょう。歯周病や初期の虫歯は、気づきにくいことも多いです。

おわりに

今回は歯石ができる理由や、歯石除去の目安などをご紹介しました。

まとめると

  • 歯石は、歯垢と唾液内のリンやカルシウムが結びついて石灰化したもの
  • 3か月に一度は歯石除去に通うとよい
  • 歯石を放置しておくと虫歯や歯周病にかかりやすくなる
  • デンタルフロスなどを使って歯石の発生を予防しよう

ということです。

歯石は放置すればするほど取れにくくなります。ですから、まだ柔らかいうちに定期的に取り除く習慣をつけましょう。「歯医者はどうも苦手で」という方も多いと思います。しかし、今の歯医者は問答無用で痛い治療をすることはありません。必ず事前に説明をして、できるだけ痛みの少ない方法を取ってもらえます。歯石除去でも同じです。

前述したように、どうしても痛みが我慢できない場合は麻酔をかけてくれます。「歯石が気になるけれど歯医者に通うのはいや」とぐずぐずしていれば、治療が長引くでしょう。歯周病や虫歯は放っておいて治るものではありません。それらを予防するためにも、ぜひ歯石は定期的に除去してください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供