歯の汚れが気になる! ステイン付着を防ぐ・取る方法と注意点

歯が汚いと不摂生なイメージをもたれがちです。素直に笑うことも会話を楽しむこともできないでしょう。歯の汚れは主にステインが原因になっています。ステインとはどのようなものなのか、歯のステインを除去する方法や予防方法、注意点について詳しく説明しましょう。歯の汚れについて気になっている人はぜひチェックしてください。

  1. ステインとは?
  2. 歯のステインを除去・予防する方法
  3. 注意点について

1.ステインとは?

ステインが歯の着色汚れの原因と言われていますが、そもそもステインとはどのようなものなのでしょうか。名前は聞いたことがあるけれど詳しく知らない人も少なくありません。歯の着色汚れが気になっている人はステインについて知っておきましょう。

1-1.歯の汚れのもとになるステイン

歯の黄ばみや汚れのほとんどが“ステイン”によるものです。ステインは着色汚れのことであり、さまざまな食べ物や飲み物に含まれている成分が原因で歯に付着しています。

例えば、お茶・コーヒー等に含まれる「タンニン」、タバコの「ニコチン・タール」がステインになるでしょう。よって、歯磨き粉の中にはステインを浮かせる成分が含まれているものもたくさん発売されています。

ステインが歯に付着する期間が長くなればなるほど落ちにくくなってしまうので注意してください。できるだけ早めに対策をしなければなりません。歯磨きでも予防できるので毎日の積み重ねが大切になるでしょう。

1-2.ステインが歯につく理由は?

なぜ歯にステインが付着してしまうのでしょうか。それには理由があります。歯には外部からやってくる成分が付着しないように表面を「エナメル質」でコーディングしています。歯の白さやツルツル感はエナメル質がきちんと表面にコーディングされているからなのです。エナメル質の上には構成“ペクリル”と呼ばれる薄い膜が覆っていますが、このペクリルがステインを生み出す原因になるでしょう。

ペクリルは唾液から分泌されており、エナメル質の上を覆っています。しかし、ペクリルはステインのもとになるニコチン、タンニンといった成分を結びつけてしまうのです。それらの成分がペクリルと結びつくことでステインが生まれることがわかりました。ペクリルは虫歯のもとになる菌から歯を守ってくれる大切な役割をもっていますが、一方でステインを生み出す性質ももっているのです。

1-3.歳をとればとるほど落ちにくくなる

ステインの特徴は「加齢」にも大きく関係してきます。ステインが付着している期間が長いほど落ちにくくなりますが、歳をとればとるほど加齢によって落ちにくくなることも判明しているのです。

30代になるとすでに落ちにくくなるでしょう。20代から歯の汚れ、黄ばみが目立ち始めます。30代になると一度付着してしまったステインを落とすことは正直、難しいと思っておいてください。ステインも加齢とともに頑固になり、落としにくくなることを覚えておきましょう。

2.歯のステインを除去・予防する方法

2-1.定期的にトリートメント・ホワイトニングを行う

外国では自宅で簡単にできるホームホワイトニングが主流になっています。自分の歯型をとってつくられたホワイトニング専用の器具をつけ、歯を白くする方法です。ホームホワイトニングは気軽に自宅でできる方法ですが、定期的に歯医者でメンテナンス・ホワイトニングを行わなければなりません。

歯のステインを除去するためにも歯医者で行うトリートメント・ホワイトニングは大切なポイントになるでしょう。歯の表面に細かいキズがあれば、そこからステインのもととなる成分が入り込み、着色しやすくなります。歯医者で行うトリートメントはキズを修復するだけでなく、付着したステインをすべて取り除いてくれるので安心です。着色しにくい歯に仕上げてくれるでしょう。

2-2.毎日の歯磨きが大切

できるだけタバコやアルコールを控えたり、ステインになる成分が含まれていない食べ物を食べるなど食生活の改善も予防方法として大切ですが、もっとも大切なのは歯磨きです。歯磨きはその日についた汚れやステインをすぐに落としてくれます。とくに効果的なのが「美白用歯磨き粉」です。美白用・ホワイトニング専用の歯磨き粉にはステインを落とすための研磨剤や浮き上がらせる成分が含まれています。

毎日使い続けることで次第に付着したステインが落ちるでしょう。即効性はないので毎日歯磨きを丁寧にし続けることが大切です。ただし、これだけでは頑固なステインは落ちません。定期的に歯医者でのクリーニングが必要になるでしょう。また、歯磨きの仕方やホワイトニング専用の歯磨き粉にも危険性であふれているので注意が必要です。

3.注意点について

3-1.間違ったやり方はNG!正しい歯磨きの仕方

間違った方法で歯磨きをすると、逆に歯を保護するためのエナメル質がはがれてしまいます。エナメル質がはがれるとステインが付着しやすくなるので注意してください。できるだけやさしく丁寧に歯磨きをすることが大切です。力はそんなに入れる必要はありません。力をいれずに歯をなでるようにしながら磨くことがポイントになるでしょう。

また、歯磨きの回数にも気をつけてください。歯磨きを磨く回数が多ければ多いほどステインを取り除けると勘違いしている人が非常に多いです。実際のところ、歯磨きの回数はそれほど問題ではありません。朝と晩の1日2回の歯磨きでOKです。歯磨きの回数ではなく、「質」の方が大切だということを覚えておいてください。

3-2.ホワイトニング用歯磨き粉の選び方

ステインを除去・防止するためにホワイトニング用歯磨き粉を購入するでしょう。市販や通販と本当にたくさんの種類が発売されています。ホワイトニング用歯磨き粉の中には、比較的刺激が強い成分や研磨剤が協力なタイプのものもあるので注意しなければなりません。荒い研磨剤や漂白剤が入っている歯磨き粉は、表面のエナメル質を溶かしてしまうので絶対に選ばないでください。ツルツルの歯がギザギザになってしまいます。

エナメル質を傷つけずに白い歯にするためには、安心して使える歯磨き粉を選んでください。できるだけ強力な成分が含まれていないものを選びましょう。よくわからない人はインターネットで、口コミや評判をチェックするとよいですよ。いろいろな歯磨き粉を比較し、どれが1番歯にやさしく、ステインを除去できるのか調べてくださいね。

まとめ

歯のステインについて詳しく説明してきました。歯の汚れを何とかしたい人はまず、汚れ・黄ばみのもととなる「ステイン」のことを知らなければなりません。ステインについて把握した上で、どうすればステイン除去・対策ができるのか考えていきましょう。

では、最後にもう一度確認します。

  • 歯の着色汚れはほとんどがステイン
  • タール、タンニン、ニコチンが原因
  • ペクリルによってステインが生み出される
  • 加齢によって落ちにくくなる
  • 歯医者で定期的にトリートメントを行う
  • 毎日の歯磨きが大切
  • 間違った歯磨きの仕方は逆効果
  • 歯磨きの「質」がポイント
  • ホワイトニング用歯磨き粉の選び方に要注意

以上のチェックポイントを必ず確認してください。ステインが付着しない歯にするためにも地道な歯磨きと、歯医者での定期的なトリートメントが大切です。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供