インプラントの 寿命はどのくらい? 手術前に押さえておくべきポイント

なくなった歯の代わりに新しい歯を埋め込む“インプラント”。芸能人のようなキレイな歯並びは永遠の憧れですよね。インプラントはキレイな歯並びが得られると人気の施術方法になっています。しかし、インプラントにも寿命があり、定期的にメンテナンスを行う必要があります。メンテナンスを怠れば再手術をしなければならなくなってしまうので注意してください。

この記事では、インプラントの寿命や長持ちさせる方法などインプラントについて詳しく説明します。

  1. インプラントとは?
  2. インプラントの寿命について
  3. 手術を受ける前に注意すること

1.インプラントとは?

人工の歯を埋め込む“インプラント”でも出来上がりによってはまるで自分の歯のような自然な歯並びになります。インプラントを考えている人、実際にインプラントをした人もぜひチェックしてください。

1-1.インプラントの仕組みは?

“インプラント”は人工歯を使うということは知っているけれども詳しく分からない人も多いのではないでしょうか。そこで、インプラントの仕組みについて詳しく説明します。もともと歯は歯茎の中に“歯根”と呼ばれるものが2本食い込んでおり、この歯根がしっかりしているからこそ健康的で白い歯がいつまでも維持し続けられます。

インプラントはなくしてしまった歯の代わりに人工歯を歯根に埋め込む手法のこと。つまり、アゴの骨に穴を開けてそこに人工歯を埋め込んでいきます。まるで自分の歯のように見せることができる画期的な方法なのです。インプラントのほかにアゴの骨に穴を開けて新しい歯を埋め込む手法はありません。アゴの骨にしっかり固定させることでより自然でキレイな歯並びにできます。

1-2.さまざまな種類があるインプラント

インプラントにはさまざまな種類があることをご存知でしょうか。

  • スクリュータイプ
  • シリンダータイプ
  • バスケットタイプ
  • ブレードタイプ

と大まかな種類を挙げると以上の4つがあります。「スクリュータイプ」はもっとも多くの歯科医院で使用されているインプラントで、アゴの骨に開ける穴が非常に小さいのが特徴的です。新しい歯を入れるとどうしてもぐらついたり、噛む力の左右差が広がってしまいがちですが、スクリュータイプは効率的に噛む力を骨に伝えられます。

「シリンダータイプ」はスクリュータイプと同じくらい普及されている種類です。ネジの螺旋模様がないため、簡単に埋め込むことはできますが初期固定が弱くなるデメリットがみられます。よって、2回法の治療に適しているでしょう。

「バスケットタイプ」はネジの中が空洞になっています。骨とインプラントをより強く結合できますが、インプラントそのものの強度が弱い面をもっているので注意してください。

「ブレードタイプ」は骨幅が狭い人に適しています。しかし、噛む力に偏りがみられるため近年では使われていません。

このように、インプラントの種類によって特徴やメリットが違います。インプラントを利用する前に必ず歯科医師と相談しましょう。

1-3.2つの手術方法

アゴの骨に埋め込む人工歯根、歯茎からみえる人工歯、そしてその2つの歯を結合するためのパーツの3点が手術方法や回数を左右します。

主にインプラントの手術方法は「1回法」と「2回法」の2種類に分けられるでしょう。手術が1回で済む「1回法」は人工歯根と人工歯がセットになっているインプラントを使うため手間がかかりません。

2回に分けて手術を行う「2回法」は少しややこしくなっているので気をつけてください。1回目の手術で土台となる人工歯根を埋め込み、そして2回目で歯茎からみえる人工歯を取り付けていきます。時間がかかる分、非常に安定した強度の高いインプラントになるのが特徴的です。使うインプラントの種類によって、またはあなたの歯・歯茎の状態によって施術の仕方も変わるので気をつけてください。

2.インプラントの寿命について

2-1.インプラントの寿命は自分次第?

インプラントの寿命はいったいどのくらいなのか気になっている人も多いでしょう。10年~20年がインプラントの寿命だと言われていますが、実際のところはハッキリしていません。なぜならインプラント自体が腐ったり、溶けたりすることはないからです。しかし、自分次第でインプラントを交換しなければならない、再手術を行わなければならない状況に陥ってしまうでしょう。

インプラントは人工歯ですが、普通の歯と同じように、歯磨きをしていない、または正しい方法でケアを行っていないとなると歯石がついてしまいます。また、歯周病になることも考えられるので要注意です。歯茎が炎症を起こすとインプラント自体を取り除かなければならないので注意してください。インプラントの寿命は自分のケアにかかっていると言えます。

2-2.寿命を延ばすためのポイント

では、どうすればインプラントを長持ちさせることができるのでしょうか。寿命を延ばす、インプラントをキレイに維持し続けられるポイントについて説明します。もっとも効果的な方法は“歯医者での定期的メンテナンス”です。インプラントの施術を受けたらそこで終わりと思うかもしれません。しかし、インプラントをキレイに維持し続けられている人はほとんどが定期的に歯医者に通い、インプラントのメンテナンスをしてもらっています。

自宅でも虫歯予防として歯磨きを丁寧にすることもできますが、プロに行ってもらうクリーニングとは比較できません。理想は、定期的に歯医者に通い、メンテナンスを行いながら自宅でセルフクリーニングをすることです。そうすればインプラントを外さなければならない状況も防げるでしょう。

3.手術を受ける前に注意すること

インプラントの手術を受ける前に注意することはたくさんあります。手術をする前に歯科医師から注意点について詳しく説明されますが、ここで不安なことはすべて解消してください。不安の気持ちがあるまま手術を受けると失敗する恐れがあります。とくに注意しなければならないことは以下のとおりです。

  • 体調を整えておく
  • 入れ歯がある場合は外す
  • マニキュア、付け爪を外す
  • 長髪の人は髪をまとめる

手術を受ける当日、体調が優れない場合はインプラントの手術が受けられません。インプラントはアゴの骨に穴を開けるため麻酔や痛め止めを飲む必要があります。体調不良の時に行うとさらに悪化し、ますます体調が悪くなるのです。無理をせずに体調が悪い時はよくなるまでインプラントはやめましょう。

また、手術を受ける前にどのような手術を行うのか、何回するのか、どのようなインプラントを使うのか最終確認が大切です。歯科医師にすべて任せてしまうと理想とは違った結果になるので注意してください。必ず説明を受け、納得した上で手術を受けましょう。

まとめ

インプラントの寿命やメンテナンスの大切さについて詳しくみてきました。

  • インプラントはアゴの骨に穴を開け、人工の歯を埋め込む方法
  • 主に4種類のインプラントがある
  • 1回法と2回法の2種類の手術方法
  • 自分のケア次第で寿命が変わる
  • 歯科での定期的なメンテナンスが必要
  • 体調不良の時は手術を受けない
  • 安心できる歯科で手術を行う

以上のポイントに注意してインプラントを長持ちさせてください。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供