歯ブラシの選び方について知りたい! 歯ブラシ・歯磨き粉の基礎知識

キレイな白い歯を維持し続けるためには欠かせないアイテム「歯ブラシ」。歯ブラシは定期的に交換しなければならないと言われていますが、ついつい長く使ってしまいますよね。

また、普通の歯ブラシや電動歯ブラシ、硬さ、いったいどれが良いのか迷う人も多いでしょう。正しい選び方で歯ブラシを選ばなければキレイな歯を維持できません。

歯ブラシ次第では歯周病になってしまうこともあります。歯ブラシの選び方についてチェックしていきたいと思います。悩んでいる方は要チェックです!

  1. 正しい歯ブラシの選び方
  2. 歯磨き粉の選び方
  3. 歯ブラシの交換時期について

1.正しい歯ブラシの選び方

さまざまな歯ブラシがありますが、自分にあった歯ブラシを選ぶことが1番です。自分にあっていない歯ブラシを使うと歯だけでなく、歯茎にも刺激を与えてしまうので気をつけなければなりません。では、どうやって歯ブラシを選んでいけば良いのかポイントをみていきましょう。

1-1.歯ブラシの毛について

歯ブラシの毛は選び方においても大切なポイントになるので要チェックです。主に、歯の硬さはやわらかめ、普通、硬めの3つに分かれています。あんまり硬すぎると歯の隅々にまで毛先が届かず、歯の間に挟まっている食べカスや汚れをキレイに落とせません。

また、歯茎に毛先があたってしまい、傷つけてしまう恐れもあるでしょう。1番ベストな硬さは「普通」です。メーカーによってどのくらいの硬さなのか変わってくるので口コミや評判をチェックしてください。ただし、歯周病の方はやわらかめをオススメします。

1-2.歯ブラシのヘッドについて

歯ブラシのヘッドは、ブラシがついている部分のことをさします。歯ブラシを選ぶときは、できるだけヘッドが小さめのものを選びましょう。ヘッドが小さければ小さいほど歯磨きがしやすくなります。口が小さい人はなおさらのこと、小さめのヘッドになっている歯ブラシがオススメです。

また、奥歯まで丁寧に磨きたい人はヘッドのネックが細くなっているタイプを選ぶと良いでしょう。ヘッドのネック、付け根が細くなっている歯ブラシは細かいところまでキレイに歯を磨けますが、時間をかける必要があります。時間をかけて歯磨きをする人にオススメのタイプです。

1-3.電動歯ブラシがあっている人

自動的に歯磨きをしてくれる「電動歯ブラシ」。電動歯ブラシにもさまざまな種類がありますが、矯正中や歯ブラシの操作が難しい人、虫歯や歯周病になりやすい人、ブラッシングをするときの圧力が極端に弱い・強い人にオススメです。

普通の歯ブラシは自分でしなければならないので面倒ですが、電動歯ブラシであれば勝手に動いてくれるので歯に当てるだけという簡単な操作で済みます。

ただし、電動歯ブラシにも振動が大きい「音波式電動歯ブラシ」や振動が少ない「アシスト型音波式」があるのでどちらが自分に適しているのか、歯の状態をみながら選んでくださいね。
もし、自分でもわからない場合は歯科で相談してみましょう。自分の歯の状態にあった歯ブラシを選び、使うことが1番です。

2.歯磨き粉の選び方

2-1.フッ素が入っているものを選ぶこと

歯ブラシもそうですが、歯磨き粉もさまざまな種類があり、迷ってしまいますよね。ぜひ選んでほしい歯磨き粉としては、「フッ素入り」。なぜフッ素入りの歯磨き粉が良いのかというと、フッ素は虫歯予防に最適な成分だからです。虫歯が気になっている人には最適の歯磨き粉になるのではないのでしょうか。

歯を守るためのミネラル成分が歯の表面を覆っていますが、次から次へとミネラル成分を取り込んでいくためにフッ素は欠かせない存在となっています。フッ素があるからこそ、虫歯のもととなる菌をカットできるのです。歯磨き粉を選ぶときはフッ素が入っているか確認すると良いでしょう。

2-2.ペースト状の歯磨き粉

いろいろな歯磨き粉がありますが、ペースト状の歯磨き粉は欠かせません。ペースト状に含まれている研磨材にはほとんど“無水ケイ酸A”が含まれています。この無水ケイ酸Aが歯磨き粉の大切な役割を担っているのです。歯は食べものや飲み物によって汚れがついてしまい、歯についてしまった汚れを「歯垢(しこう)」と呼んでいます。歯磨きをするときはまず、この歯垢を取り除いていかなければなりません。

キレイに取り除いてからでないとフッ素入りの歯磨き粉を使っても歯垢によってカットされてしまうでしょう。歯垢をキレイに取り除くためには無水ケイ酸Aが必要なのです。この研磨材を歯ブラシにのせて最低でも10回歯を磨かなければ歯垢は簡単に落ちません。

化粧品扱いとなっている歯磨き粉の人気が出ていますが、化粧品扱いの歯磨き粉には研磨材が入っていないものが多いので注意してください。

3.歯ブラシの交換時期について

3-1.普通の歯ブラシの場合

歯ブラシはどのくらいの頻度で交換しなければならないのか、疑問に思っている人もいるでしょう。基本的に、歯ブラシの毛先がヘッドから飛び出したら交換しなければならないと言われていますが、交換時期の目安はおよそ1カ月です。衛生面においては1カ月がベストな交換時期となっています。

いちいち交換するのが面倒だと感じるかもしれませんが、毎日最低でも2~3回使うものですし、口の中は細菌でいっぱいです。そのことを常に考えておけば1カ月が妥当な交換時期だとわかるでしょう。いつでも交換できるように家に2~3本はキープしておきたいものですね。

3-2.電動歯ブラシの場合

一方、電動歯ブラシの場合、交換時期はどのくらいになるのでしょうか。電動歯ブラシは全部交換する必要はなく、ブラシのヘッド部分のみの交換になります。メーカーによってベストな交換時期は変わってきますが、目安は3カ月に1回。歯周病や虫歯になっている方はやはり1カ月に1回が良いでしょう。

最初に購入したとき、交換用としてヘッドが何本かついてくるので安心ですが、交換ヘッドがなくなれば買いにいかなければなりません。電動歯ブラシのヘッドは普通の歯ブラシよりも値段が高めなのでコスト面も考えたうえで使いましょう。

また、最近の電動歯ブラシには交換時期になると知らせてくれる機能がついているものもあります。知らせてくれるとすぐに交換できるので非常に楽チンです。そのような電動歯ブラシもチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

歯ブラシ・歯磨き粉の選び方や交換時期についてみてきました。毎日私たちの歯をキレイにしてくれるアイテムだからこそ、キレイな状態のまま自分にあったタイプのものを使いたいですよね。最後にもう一度、今までのことをおさらいしていきたいと思います。

  • 歯ブラシの毛の硬さは「普通」がベスト(歯周病の方はソフトがオススメ)
  • 歯ブラシのヘッドは小さめが良い
  • 電動歯ブラシは虫歯・歯周病が気になっている人にオススメ
  • フッ素入り・ペースト状の歯磨き粉を選ぶこと
  • 普通の歯ブラシは基本的に1カ月に1回の交換がベスト
  • 電動歯ブラシは3カ月に1回

値段が安いからどんな歯ブラシ・歯磨き粉か確認せずに買ってしまいがちですが、きちんとチェックして自分の歯の状態にあっているものを選ぶことが大切です。あっていないものを使えば、キレイにするためのアイテムが逆効果になってしまうこともあります。いつまでも健康的な自分の歯を持ち続けるためにも歯磨き粉や歯ブラシを正しい方法で選びましょう。

マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供