滅菌・感染症対策

患者様の血液や唾液などに触れる機会の多い歯科治療において、減菌・感染症対策は何よりも重要なポイントです。対策が不十分な場合、器具を介して重大な感染症を引き起こす恐れもあります。吉松歯科医院では、安心・安全な治療環境を確保するため、さまざまな対策に取り組んでいます。

患者様お一人ごとに減菌パックされた器具を使用

歯科治療に用いる器具は、洗浄後に専用の機械で完全減菌処理を行っています。減菌処理を行なった器具は1人分ずつを個別に減菌パックで保管。使用直前まで空気に触れることなく無菌状態が保たれているため、患者様ごとに安全で清潔な器具を使用することができています。


使い捨て可能な器具は治療ごとに使い捨て

衛生管理を徹底するため、エプロンやコップ・麻酔の針など、使い捨てできるものや減菌ができないものは治療ごとに廃棄しています。患者様ごとに新しいものを使用していますので、いつでも清潔にご使用いただけます。


水消毒システムを備えた診療用ユニットを採用

歯科治療用ユニットの内部は想像以上にバクテリアが発生しやすい環境となっており、何もしないでいるとユニット細菌が繁殖してしまい、感染症や術後不良のリスクが高くなってしまいます。

吉松歯科医院では、特別な水消毒システムを備えた診療ユニットを採用。水中バクテリア数をヨーロッパ基準(日本基準の20分の1~30分の1)まで抑えることが可能です。口腔内をすすぐ水・温水・エアーにも除菌フィルターを通し、清潔な環境での治療を実現しています。


根管治療においては100%ラバーダム防湿を実施

口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防ぐために、根管治療を行うときには、治療する歯以外をゴムのシートで覆うラバーダム防湿を徹底しています。これによって、歯の中の神経や骨と唾液が触れることがなくなり、無菌状態での治療が可能です。また、薬剤や器具の誤飲・誤嚥の防止にも役立ちます。

日本での普及率は5%程度といわれていますが、根管治療の専門医制度のあるアメリカでは根管治療時のラバーダム防湿は義務となっており、ラバーダムなしで根管治療を行った場合、法的に過失責任を問われます。吉松歯科医院では、根管治療だけでなく、詰め物や被せ物の治療を行う際にも可能な限りラバーダム防湿を行なっています。


医療用空気清浄機でクリアな空気環境を提供

診療室には医療用の協力な空気清浄機を備えています。ウイルスや粉じん、花粉などを除去すると共に、病院特有の匂いも緩和。快適で清潔な空気環境で安心して治療を受けていただけます。