治療設備

吉松歯科医院では、あらゆる症例に対して最大限の治療効果を発揮するために、世界基準の治療システム・機器を導入しています。このページでは、当院で使用している治療設備の一部をご紹介します。

マイクロスコープ
(手術用実体顕微鏡)

吉松歯科医院では、歯科業界では世界で初めて整形外科や脳外科で用いる医科用のマイクロスコープを導入しています。最大で肉眼の約24倍の大きさで見ることができ、肉眼では確認できない小さなものも、大きく鮮明に確認できます。録画機能も備えており、治療中の映像を見ていただきながら治療内容を説明することも可能です。

現在では多くの歯科医院でマイクロスコープが導入されていますが、当院では2002年の開業時よりマイクロスコープを用いた根管治療をメインに提供しています。2003年には、院長の吉松宏泰がマイクロスコープを用いた治療に役立つ器具を開発。学会やスタディークラブでも積極的に情報を発信しています。


診療用ユニット
(治療用椅子に付随する配水装置・水の調整システム・水パイプ等)

診療用ユニット

清潔な環境で安心して治療を受けていただくため、診療用ユニット(治療椅子)には、特別な消毒システム(水消毒システム)を装備しています。これによって、世界で最も厳しいといわれるヨーロッパ基準まで水中バクテリアの発生を抑制。除菌フィルターも備えることで、さまざまな細菌や微粒子などを排除したクリーンな水とエアーを用いた安全な治療を実現しています。


デジタルレントゲン及び歯科用CT
(世界最小被爆量)

デジタルレントゲン及び歯科用CT

吉松歯科医院で使用するレントゲンは、世界最小レベルまで放射線量を抑えたデジタルレントゲンシステムです。人体に受ける放射線量は従来のフィルムレントゲン撮影の約10分の1となっており、安心して検査を受けていただけます。

CT装置によって3次元撮影もできるため、平面画像ではわからなかった歯やあごの骨の立体構造、神経の位置を把握することができ、より正確な治療が行えます。


ダイアグノデント
(カリエス診断器)

ダイアグノデント(カリエス診断器)

吉松歯科医院では、虫歯の状態をレーザーによって読み取ることのできるダイアグノデントと呼ばれる装置を使用して診断を行います。探針による触診と異なり、鋭利な器具で歯に触れないため、痛みもなく、歯を傷つける心配もありません。虫歯の進行状態が数値で表示されるため、歯の状態を正確に把握することができます。