クリニック紹介

「歯医者が苦手」「できれば行きたくない」そのように考えている方は多いと思います。また、「費用がいくらかかるか分からない」「どんな治療をしてもらえるのか心配・・・」ということも、歯医者から足が遠のいてしまう原因なのではないでしょうか? 当院では、患者様に安心して治療を受けていただくために、以下のような取り組みを行なっています。

完全アポイント制・完全個室で治療

一般的な歯科では、予約のほかに飛び込みの患者様も一定数受け入れています。そのため、治療時間は20~30分程度で、同時に複数の患者様の治療を行うことも珍しくありません。

当院は完全アポイント制で、治療も完全個室で行っています。また、お1人の治療時間は平均して2~3時間(治療の説明時間含む)です。一般的な歯科に比べると1回の治療時間は長いですが、その分、通院回数を減らすことができ、結果的に治療期間は短くなります。もちろん、治療時間を長く取ることができない患者様には、ご都合に添った対応をすることも可能です。予約時にお申し出ください。


治療前に60分の治療説明を実施

当院では、初診時に約60分ほどの時間をかけて、個室で画像による治療説明を行っています。まずは口の中の写真を撮らせていただき、現在の状態・痛み・症状経過・過去の治療状況をお聞かせください。患者様が理解しやすいように写真画像を用いて痛みや悩みの要因を説明し、治療の相談をさせていただきます。

全顎的な治療が必要な患者様や、長期間に渡って口の中の健康を維持したい患者様には、精密検査を受けていただき、長期的な治療計画を立案することも可能です。治療計画は文書にしてお渡ししていますので、家族と治療方針を話し合う際にもお役立ていただけます。

かつては、治療の選択肢が少なかった口腔や歯の治療ですが、現在は歯科医療技術と材料の進化によって、複数の選択肢が可能となりました。当院では、それぞれの治療方法のメリット・デメリットについてもしっかりと患者様にお伝えします。


最新の治療システム・最新機器を導入

マイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)を用いた歯科治療に使う新しい器具を当院の院長、吉松宏泰が開発し、2003年より学会などで発表し続けております。そのため、当院ではマイクロスコープを用いた治療実績が豊富です。

当院のマイクロスコープは、眼科や脳外科手術などでも使用されており、最大で肉眼の約24倍での処置ができます。歯の根の治療を顕微鏡下で行う根管治療・顕微鏡下で繊細な外科処置を行うマイクロサージェリー、その他、普段歯を削る時にも顕微鏡が多いに活躍し、肉眼で行うよりよりも精密な治療が可能です。さらに、治療過程を映像として記録できるため、映像を見ていただきながら治療内容を詳細に説明することもできます。

このほか、根管治療時の組織損傷・誤飲・嚥下を防ぐために、ラバーダム防湿を徹底。特別な消毒システム(水消毒システム)を備えた治療用ユニットや、世界最小被ばく量のデジタルレントゲン及び歯科用CT、ダイアグノデント(レーザーの透過性を利用して虫歯・感染部を数値表示で診断する装置)なども備えています。特にダイアグノデントはマイクロスコープと組み合わせることで、患者様自身に歯の状態を確認していただきながら治療を進めることができます。


徹底した衛生管理

当院では、患者様ごとに滅菌パックされた器具を使用しています。また、エプロン・コップ・麻酔の針などはすべて使い捨てのものを使用しているので、院内感染のリスクは最小限です。さらに、口をすすぐ水・温水・エアーには除菌フィルターを使用し、医療用空気清浄機で室内の空気をキレイにしています。そのため、当院は歯科医院特有の消毒薬の臭いがなく、患者様に気持ちよく治療を受けていただけます。


安心の治療保障

健康保険が効かない歯科治療は、治療費が高額になる傾向にあります。そのため、当院では安心治療保障制度を設けています。詰め物(インレー)・かぶせ物(クラウン・アンレー・ブリッジ)は最低5年間保障が可能です。また、保障間中の破損・脱落・不具合は無料で修理・再製作いたしますので、不具合がありましたら小さいことでもすぐにご相談ください。なお、保障期間終了後の不具合も考慮いたします。詳しくは、当院までお尋ねください。


万一に備えてAED(自動対外式除細動器)を完備

当院では、AEDが広く普及する以前、2002年の開業当初より心肺停止救命装置のAED(自動体外式除細動装置)機器一式を備えています。AEDとは、心筋梗塞などの影響で心臓が筋肉痙攣を起こして血液を送るポンプとしての機能を行えなくなった際、人為的に強い電気ショックを与えることで心臓の筋肉痙攣を除去する装置です。

万が一の場合、救急車が到着するまでの数分間に適切な救命措置ができるかどうかが非常に重要となります。当院では、そのような場合においても、AEDを用いた適切な処置を行うことが可能です。