マイクロスコープを用いた根管治療・歯内療法 | 東京の吉松歯科医院

吉松歯科医院の根管治療(歯内治療)

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いた根管治療(歯内療法)

東京都港区虎ノ門/吉松歯科医院では手探りで行っていた根管治療〔歯内療法〕をマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いて、より確実に治療を行なうことが出来るようになりました。MTAの出現により、従来抜歯と診断された破折歯、クラックの存在が認められる歯、パーフォレーションのある歯を残す事が可能になりました。

現在は、バイオセラミックスを用いています。

mb3
根管治療は特に重要で非常に難しい治療です。実は根管内は、こんなに複雑になっている
endo-0

根管治療(歯内療法)

手術用実体顕微鏡(マイクロスコープ)を用いた最新の歯科治療

歯の内部の神経があった管、空間を根管(根幹)と言います。感染したその根管(根幹)を清潔な状態にして、今後の細菌感染がない様にする治療の事を根管治療(根幹治療)と言います。
根管(根幹)内部は、非常に複雑な解剖学的な形態をしています。そのため治療の成功率が100%では、ありません。
根管内に細菌が繁殖すると、炎症を起こし、歯ぐきの腫れや痛み、更には歯を支えている周辺の骨が溶け、歯が浮いた感じがする、歯がぐらぐらする等の症状が出てきます。
現在の先進的な医療では根管治療は、手術用顕微鏡を用いない治療は、考えられません。今まで、経験やカンを頼りに治療を行っていた事が、怖くなるくらい手術用顕微鏡の出現は、大きな事です。また更に歯科用CTを併用する事により術前により多くの根管(根幹)内部の情報が得られ、成功率の高い根管(根幹)治療が可能になりました。
また、吉松歯科医院では、2007年よりMTAやバイオセラミックスを根管(根幹)充填材として用いているため、出来るだけ外科的根管治療を行わない様に心がけています。

根管(根幹)治療は、非常に細かい根管(根幹)を相手にしている治療です。神経のあった根管(根幹)は、非常に複雑な解剖学的形態をしています。また歯根自体は、湾曲をしている事も多くあり、イスムスやフィンと言われる様な、従来の器具が接触出来ない様な形態をしている事がよくあります。特に大臼歯では、根管(根幹)の数が4本、5本と複数存在します。そしてすべての根管(根幹)に細菌が活動出来ない状態、理想的には細菌が存在しない状態に知る必要があります。

昨日より歯が痛い、明らかに虫歯になっている

昨日より歯が痛い、明らかに虫歯になっている。

歯の神経まで虫歯が進行している

虫歯がグリーン色に染まるカリエス検知薬を用いて感染部のみを削っていくと歯の神経まで虫歯が進行している。これでは神経を残すことが不可能なため、根管治療(歯内療法)を行うことになった。このケースでは、条件が整っていたため1回治療を試みた。

根尖まできちんと根管充填剤が詰まっている

術後のレントゲン写真 根尖まできちんと根管充填剤が詰まっている。

根尖部より出ている根管充填剤も吸収されつつある

術後1ヵ月後の口腔内写真とレントゲン写真、根尖部より出ている根管充填剤も吸収されつつある。

以前の根管治療(根幹治療)は、感染部を取り除くのに手探りの状態、実際に感染部を観ながら除去することは不可能だったために、経験やカンをたよりに根管治療(根幹治療)を行っていました。根管内(根幹)に感染部が残ってしまえば、そこに細菌が増殖して細菌の生産物質により炎症を引き起こします。そのため痛みや歯肉の腫れ、歯を支えている骨を溶かします。
現在の先進的な根管治療(根幹治療)では、マイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)を用いて、肉眼の約2倍から24倍での治療することができます。しかし、マイクロスコープは、購入してすぐ使えるものではなく、私も以前はそうでしたが、始めは拡大して確認のために用いていました。しかし使い慣れて来ると、どうしても拡大視野下での処置をどうにかして行おうと、試行錯誤して現在、拡大しながら処置を行うことが可能になりました。そのため、吉松歯科医院では治療している最中の静止画や動画を患者さんにお見せして、治療途中や治療後の説明に使っています。
東京都港区虎ノ門の吉松歯科医院では、マイクロスコープ、CTを用いた精度の高い根管治療(根幹治療)歯内療法を行っています。
現在では歯内療法専門医がマイクロスコープを用いて治療するのが当たり前になりましたが、当院の吉松宏泰は、開業前よりマイクロスコープを用いた根管治療(根幹治療)歯内療法の鍛錬を積み、現在は同業者の指導的な役割もしています。
他院で抜歯との診断を受けた症例でも吉松歯科院では、MTAやバイオセラミック、精度の高い接着により出来るだけ歯を残すことを心がけています。
アメリカの歯内療法専門医(根管治療専門医、根幹治療専門医)が抜歯と診断する様な症例でも歯を残せることが多くあります。アメリカでは、破折線が歯の内部から写真を撮れると十分な抜歯基準を満たしますが、接着の材料そのものは日本が一番進んでいるのでアメリカの専門医(歯内療法専門医、根管治療専門医、根幹治療専門医)が出来ないことも可能です。また偶発的な事故により根管(根幹)内に治療器具の破折、穿孔(パーフォレーション)の封鎖等の処置も可能です。

以前の症例より

マイクロスコープを用いた精度の高い歯内療法

MTAで根管充填をする前は、ガッタパーチャーを主にいろいろな方法を試してきました。以前は側枝に根管充填することがうまい根管治療と思っていましたが、根の先にある大きな病気を治すことがうまい根管治療と今は考えています。
下のスライドの症例は以前吉松歯科医院で行っていたものです。大谷滿先生(故人)に教えてもらったのでシーラーを用いないで根管治療を行っていた時代もあります。しかしマーチィントロープ先生の論文以降、接着性のシーラーを用いていないとマイクロリーケージのリスクが高まることを知り接着性シーラーを数種類使いましたが、現在はMTAに優る根管充填剤はないと考えMTA根管充填を実践しています。
ガットマン先生もMTAが一番いいと講演の後、言っていました。

mta0

外科的歯内療法

1

歯髄が感染を起こすと炎症が骨にまで及ぶことがあります。このような場合、従来では抜歯が行われてきたわけですが外科的歯内療法によってご自分の歯を残せる場合があります。
東京都港区虎ノ門/吉松歯科医院では、外科的歯内療法においてもマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用し、治療の精度を高めています。

メリット

歯が残せれば、それを土台に被せものなどを作ることも可能です。一方、抜歯をした場合にはブリッジやインプラントで治療することになりますが、ご自分の歯が残せれば、より自然で費用も安くすむことはいうまでもありません。

デメリット

歯の根の長さが短くなってしまうため、外科的歯内療法後、かむ力に耐えうるだけの歯根の長さが必要。

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿

ラバーダムは、治療する歯だけを露出するマスクのようなものです。口腔内には多くの細菌が存在しています。根管治療(歯内療法)の際、これらの細菌が歯の中に入っていくと治療はうまくいきません。ラバーダム装着には手間がかかるだけでなく、技術も必要です。当院では歯内療法の際は、必ずラバーダムをかけ、治療成績の向上に努めています。

アメリカでは、犬の動物病医院でもラバーダムをして治療をしています。根管治療においてラバーダムをしないで根管治療を行うとアメリカでは裁判で負けてしまうと言われています。rubber

ラバーダム防湿は、可能な限り吉松歯科医院では行います。アメリカでは根管治療でラバーダムをしないで根管治療を行うことは裁判になった場合、歯科医師側の負けを意味するぐらい重要なことです。吉松歯科医院では、根管治療においては100%ラバーダムをしますが、セラミックインレーのセット時、コンポジットレジン修復時においても可能な限りラバーダムを行います。rubber1

根管治療〔歯内療法〕でお悩みの方は東京都港区虎ノ門/吉松歯科医院にご相談してください。
アメリカの歯内療法専門医と同等レベルの根管治療を提供することができます。


従来、破折線が確認なれると抜歯の診断をしていましたが、2007年頃より岡口守雄先生と知り合い破折歯の長期予後を見せてもらい、テクニックなどを教えてもらいました。そのため現在は、破折線(クラックライン)を確認した場合でも多くの場合(患者さんの了解を得て)残すことが可能となりました。

吉松歯科医院へお越しの際は下記アクセス方法をご参考ください

地図1

銀座線
虎ノ門駅 1番出口より徒歩1分
日比谷線・丸の内線・千代田線
霞ヶ関駅 A12番出口より徒歩5分
三田線
内幸町駅 A3番出口より徒歩7分
有楽町線
桜田門駅 徒歩12分
JR線
新橋駅 烏森口より徒歩15分

 

術前のレントゲン写真及び口腔内写真 レントゲン上では中央部に黒い筋が確認できます、口腔内写真からも明らかに破折線が認められます。2007年頃までは、吉松歯科医院でもこのような写真を撮ると抜歯をしてインプラントをしていました。しかし破折歯の残し方を岡口守雄先生に教えてもらい、それを実践しています。

ラバーダム防湿を行い根管内及び破折線を清潔な状態にし、割れている歯根を接着させます。その後Bioaggregate(new type MTA)で根管充塞をして治療をしています。

教科書的には、抜歯が適応されますが吉松歯科医院ではこのようなケースでも患者自身の歯を残す技術があります。このケースでは最終的なジルコニアクラウンが装着されています。
歯科技工 原宿補綴研究所

ojiro-1 ojiro-2 ojiro-3 ojiro-4 術後 1年後の写真 

ojiro-5

他院で抜歯を宣告され吉松歯科医院に来院 大臼歯根管治療及び修復治療 46-0

46-0-1 パーフォレーション部のリペアーも含め治療 MTAで根管充填を行います 根管治療中の映像は患者さんに御見せいたします46-1 ジルコニアクラウンとその後ろの歯にセラミックインレーを装着しました
歯科技工 原宿補綴研究所

46-2

根尖部から出ているガッタパーチャを除去してMTA(Bioaggregate)にて根管充填、その日のうちにファイバーコアーにてレジン築造、アポイント回数3回打診通(-)

tanabe-1

外科的歯内療法をしなくても根尖部からかなり出ているガッタパーチャーを除去することが吉松歯科医院にはあります。根管治療の技術の差というのは、歯を残せることはそうなのですが、外科的歯内療法をしなくても通常の根管治療で歯を残すことができることだと考えています。歯内療法の学会で先日著名な先生方と“外科的根管治療が少ない方が、うまい先生だよね”という話をしました。外科的根管治療をしないと根管治療が治らないというのは、根管内に感染部の取り残しがあるということです。根尖部から特殊な道具を用いて根尖外の感染部も含めて除去することが根管治療の成功の道であると確信しています。

拡大したレントゲン写真を提示します。
根尖部よりかなり飛び出しているガッタパーチャー
器材も技術もないと獲れません。
目的は、歯を残しことなので例えガッターパーチャーが残ろうが
歯が機能できるように残せれば根管治療の目的は達成出来るので良いのですが…

tanabe-2
お悩み・疑問にお応えします

歯・歯茎の痛みにお悩みの方、当院の治療に関して詳しい内容をお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問合せはこちら   アクセス情報はこちら  
 

根管(根幹)治療とは歯の内部(根管及び根幹)の感染部を清潔にし、歯を残す治療を言います。
現在日本の標準的な根管治療は、裸眼で行われています。しかし根管(根幹)内部は、非常に複雑なため、裸眼で治療しても感染部の取り残しや複雑な解剖形態を確認する事は出来ませんでした。1998年にアメリカの歯内療法学会が大学院レベルの教育には、マイクロスコープを使用する事を義務づけました。その後、日本でもマイクロスコープを用いて歯科治療をする先生が増え、現在に至ります。吉松宏泰は、村岡博先生(故人)の基で研修していた頃よりマイクロスコープは、今後の治療に必要不可欠のものであると確信し、2002年開業と同時にマイクロスコープを購入しました。当時は、日本の歯内療法(根管治療、根幹治療)の礎を築いた大谷満先生(故人)も健在であり、大谷先生の出来るだけ薬を使わない根管治療(根幹治療)を実践したり、アメリカの著名な根管治療(根幹治療)の先生方のDVDや講演会に出かけ、真似をしていました。しかし、日本とアメリカでは根管治療に対する国民の意識や価値観の違い、アメリカでは抜髄根管治療(根幹治療)初めての根管治療(根幹治療)、一般的に神経を抜くという治療が多いのに比べ、日本では再根管治療(根幹治療)が多いのが現状です。再根管治療(根幹治療)は、抜髄根管治療(根幹治療)に比べ技術的な難易度が高く、幾人もの術者の手が入ると内部から根管を削る量が自ずと多くなり、抜歯の可能性がより高まってしまいます。
当院で行っている根管治療(根幹治療)は、吉松宏泰が現在、一番いい方法と思われる方法で行っています。
他院で抜歯の診断を受けた歯牙であっても、吉松歯科院では治療が可能なことが多くあります。
次に他院との大きな違いを記載いたします。

1、必ずラバーダム防湿を行います。
先進国の根管治療(根幹治療)では、必ずラバーダム防湿を行います。アメリカでは、動物の根管治療(根幹治療)にもラバーダム防湿を用います。唾液自体に細菌が存在知るためと複雑な根管(根幹)を薬品を用いて化学的洗浄を行うためです。現在、当院で使用している薬剤は、次亜塩素酸ナトリウム、EDTA、クロルヘキシジンを主に用いています。

2、術前にCTを撮影して治療を始めます。
これは、三次元的な情報を術前に得るためです。また当院で用いている歯科用CTは、非常に放射線量が低く4.7~13.3μSv(撮影部位により異なります)です。例えば1日に受ける放射線量は世界平均7μSvです。また、東京とニューヨーク間を飛行機で往復したときの受ける実効線量は、200μSvです。
三次元的な情報があるため、偶発的な事故を極力起こさずに根管治療(根幹治療)を成功に導くことができると考えています。

3、根管に用いる根管充填材をバイオセラミックスを当院では2007年より用いています。
根管充填材として私は、バイオセラミックス(BioAggregate)が現在最も優れた材料だと考えています。これは、MTAを進化させたバイオセラミック技術を応用した材料であり、2007年にカナダのIBC 社が開発して現在世界的に発売されているものである。特に優れた生体活性材料で生体親和性があり、水硬性、抗菌性、等の特徴を持つものである。
ガッタパーチャーを用いた根管充填を以前は行っていたが、ガッタパーチャそのものに抗菌性がなく、根尖部から出ているガッタパーチャがバイオフィルムを形成することがあるため、吉松歯科医院では2008年頃よりガッタパーチャを用いた根管充填を行っていません。

4、基本的に毎回、麻酔をして治療を行います。
患者さんに苦痛を与えないため麻酔をして治療を行っています。症例によっては根の先(根尖部)から器具を出して感染部を除去したり、必要によっては根尖部から薬液を出すこともあるためです。

5、ファイバーコアを用いています。
根管充填後のアポイントで打診痛がない場合、ファイバーコアをラバーダム防湿下において接着させて根管治療(根幹治療)の終了になります。
当院では、コアを立てる所までが、根管治療(根幹治療)と考えています。

6、出来るだけ外科的な根管治療(根幹治療)にならない様にいつも心がけています。
外科的な根管治療(根幹治療)が多いということは、通常の根管治療(根幹治療)が失敗したために外科的な根管治療(根幹治療)が必要になる訳であり、根管内部感染部の取り残し、拡大不足、複雑な根管形態なために見逃しの根管、根尖郊外部にある感染部の取り残し等のために根管治療(根幹治療)が失敗になります。

現在地:吉松歯科医院 HOME根管治療(歯内治療)