インプラント 骨移植 サイナスリフト マイクロスコープ

東京都の吉松歯科医院のニュース

骨がなくてもインプラントはできます

抜歯前のCT所見では、上顎洞まで1㎜弱しかなく他医院でインプラント手術は不可能と言われ吉松歯科医院に来院された症例です。
抜歯後、数ヶ月でインプラントを埋入いたしました、このときスライドでもあるように周辺の骨を採取して骨移植をマイクロスコープ下で上顎洞底粘膜を持ち上げ垂直的に骨移植を行いそのままインプラント埋入オペを行いました。通法通り治癒期間を待ちクラウンをかぶせました。このスライドは術後3年が経過しています。

吉松歯科医院では、従来のラテラルウインドーで行うサイナスリフトをしなくても外科的ダメージの少ない方法で骨造成を行い他医院でインプラントが不可能と言われた症例でもインプラント治療を行うことができます。またインプラント手術も根管治療と同様にマイクロスコープを用いて行っています。通常ソケットリフトと言われるテクニックは、5㎜の骨が必要と言われていますが吉松歯科院では1㎜弱であってもソケットリフトを行うことができます。またソケットリフトの短所であるブラインドテクニックになると言われるものもマイクロスコープ下で明示して骨を押し上げることができます。

kojima-0 術後3年以上経過しています。
インプラントの手術もマイクロスコープを用いて行いますので従来ならば、禁忌症であっても適応症になる症例が増えてきます。
kojima 以前当院で根管治療を行いましたが、症状が改善されないためインプラント治療に移行した症例です。この症例では抜歯と同時にマイクロスコープ下でのソケットリフト及び骨移植を行い1回法にて仕上げています。
ono

 ニュース一覧のページへ

現在地:吉松歯科医院 HOMEニュース