垂直破折歯根 接着

東京都の吉松歯科医院のニュース

2009年8月23日 “垂直破折歯根を接着で治す”のセミナーに出席します。

2009年8月23日 モリタ主催のセミナーに出席します。
“垂直破折歯根を接着で治す” 菅谷 勉先生
スーパーボンドを用いた垂直破折歯根の治し方のセミナーです。
従来、破折線が認められると抜歯の適応症になりましたが、常識を打ち破るような臨床をしている先生が実は、世界に多くいることを思い知らされます。最近の歯科界の傾向として科学的根拠に基づく治療を言われていますが、論文は自分に都合にいいように解釈すればいくらでもあるので困惑してしまいます。科学的な裏付けを批判しているわけでは、ないのですが、新しい治療法、新しい術式というものは、従来の適応症から外れてくるものだと確信しています。私の師匠である故人 村岡 博先生は、総義歯大家でありましたが常々“能書きでは、入れ歯は入らないぞ!”と言われていました。
吉松自身も数年前より岡口守雄先生に破折歯の長期保存症例をいろいろ教えていただき、2008年頃より実践しています。インプラントの症例数は、激減しましたが抜かずに歯を残せるのなら患者さんにとっては、一番幸福なことだと考えています。私自身の症例は、今後長期にわたって経過を診ていく必要があるのは当たり前ですが、患者さんにとって一番メリットがあることを提供できる歯科医院であるようにしたいといつも考えています。

“能書きだけでは、破折歯は残せない”  

 ニュース一覧のページへ

現在地:吉松歯科医院 HOMEニュース