インプラント治療は東京都港区虎ノ門の吉松歯科医院へ

吉松歯科医院のインプラント

安心で信頼のインプラント治療 3iインプラント

安心で信頼のインプラント治療 3iインプラント

歯科におけるインプラント治療とは、歯を失った箇所、骨に直接チタン合金で出来たインプラント体(人工歯根)を骨の中に埋め込むことをインプラント治療と言います。チタン合金であるインプラント体を骨の中に埋めてある一定期間(標準的な期間だと、上あご6ヶ月、下あご3ヶ月)経つと骨とインプラント体が結合してオステオインテグレーションが起こります。その後、骨の中に埋まっているインプラント体の粘膜を整えて、骨の中にあるインプラント体にネジで止める歯の構造体を作って行きます。

安全で確実な方法でインプラント治療を行うことができます

自分の歯を出来るだけ残す努力を致しますが、割れている歯を接着して残すための努力をさせて頂きますが、どうしても治療には限界があります。
一度、接着して、その時は保存出来ている歯でも噛み合わせの問題や接着の経年的変化等から接着が壊れて来て、歯を抜かざる得ない状態になってしまいます。
歯を抜かざる得なくなった時に、歯を失った場所にチタンもしくはチタン合金で出来たインプラント体(人工歯根)を骨の中に入れる事により以前の自分の歯と同じ様に咬んだり、しゃべったりの機能をさせる事ができます。
東京都港区虎ノ門の吉松歯科医院では、CTやマイクロスコープにより従来よりもより安全に確実な方法でインプラント治療を行うことが可能です。
インプラント治療は、外科的な手術をするために下の顎だと、太い神経がありそれを傷つけてしまうと麻痺が発生して回復する事もあるますが、麻痺が残る事もあります。安全に外科的な手術を行うために、吉松歯科医院では、歯科用CTを用いて無理のない治療計画を心がけています。さらにマイクロスコープ下で拡大視野で外科的な手術を行うため肉眼で行うインプラント治療に比べて精密で正確な外科的な手術を行うことができます。

特に歯を失ってから長期間時間が経過してしまうと、骨を増やすことから治療が始まります。上顎前歯部のインプラント治療は、日本人は特に頬側の骨が薄いため審美的に満足の結果が得られるためには、より難易度の高い外科的な手術が必要になってきます。
吉松歯科医院では、マイクロスコープを用いた外科的な手術を行っているので、極力ダメージの少ない外科的な手術(出来るだけ術後に腫れない様な手術)を実践しております。
東京都港区虎ノ門の吉松歯科医院では、出来るだけ自分の歯を残すことを念頭に根管治療(根幹治療)に力を注いでいますが、破折歯、割れている歯を接着させて残すことは、すべて成功するとは、限らない治療なので、その後の治療としてインプラント治療を行っています。

歯を残すための治療が最優先ですが、致し方なく歯を失った時のインプラント治療に関するご相談は東京港区虎ノ門、吉松歯科医院にご相談してください。

技術紹介

インプラントケース1

右下奥が噛むと痛い

右下奥が噛むと痛い

金属の冠をはずすと中は虫歯で歯が溶けてしまっている

金属の冠をはずすと中は虫歯で歯が溶けてしまっている。こうなると歯を残すことは出来ない。


今このケース(2003年)を治療するのであれば、東京都港区虎ノ門の吉松歯科医院であれば、根管治療を行うと思います。現在は、以前よりも治療技術が向上して、抜歯基準も変わってきました。
以前は特にアメリカの基準に当てはめて、治療をしていましたが、現在は、私自身で責任が取れるのであれば割れている歯を出来るだけ保存する事を考えて治療しています。

抜歯後、一番後ろにインプラントを埋入

抜歯後、一番後ろにインプラントを埋入

これでは根の治療(歯内療法)を行っても歯を残せない

今度は連結していた手前の歯が噛むとしたい。冠をはずすし、金属製の土台をはずすと歯が割れている。これではいくら根の治療(歯内療法)を行っても歯を残していくことが出来ない。

抜歯後、すぐにインプラント治療に移行

抜歯後、すぐにインプラント治療に移行。

2ヶ月から3ヵ月後,インプラント治療及びすべての治療をしています

2ヶ月から3ヵ月後、最終修復物が装着。機能性、審美性、清掃性を考慮してインプラント治療及びすべての治療をしています。

 

インプラントケース2

上顎前歯部のインプラントは特に審美性を考慮しないと仕上がりがきれいになりません。そのため特に高度な技術をとしています。

事故により上の前歯が折れた

事故により上の前歯が折れた

オルソCTを撮影後、インプラント治療へ

オルソCTを撮影後、インプラント治療へ

インプラントオペ時に同時に骨移植を行った

インプラントオペ時に同時に頬側の骨が少ないため骨移植を行った

テンポラリーアバットメントを装着

5ヵ月後、テンポラリーアバットメントを装着し審美性や清掃性の経過観察しています

現在進行中

現在進行中

インプラントケース3

下の入れ歯がパカパカする

下の入れ歯がパカパカする

10本のインプラント埋入して固定式の修復物へ

抜歯後、インプラント治療へ。10本のインプラント埋入して固定式の修復物へ

現在進行中

インプラント治療は東京都港区虎ノ門の吉松歯科医院へ。
吉松歯科医院へお越しの際は下記アクセス方法をご参考ください

お悩み・疑問にお応えします

歯・歯茎の痛みにお悩みの方、当院の治療に関して詳しい内容をお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問合せはこちら   アクセス情報はこちら  
 

現在地:吉松歯科医院 HOMEインプラント