インプラント治療なら東京都港区虎ノ門の吉松歯科医院

吉松歯科医院の治療の治療の流れ

多くの患者さんは、他医院で根の治療の途中もしくは、根管治療(根幹)治療後、症状が出て来院される方が多くいらっしゃいます。
1歯のみの治療であれば、精密検査は、必要ではありません。
口の中全体を検査して治療する場合に精密検査が、必要になります。

1. 初診

1時間の時間が、必要です。通常、マイクロスコープによる診査診断、写真、及びレントゲン検査(デンタル、パノラマ必要に応じてCT)をして、どんな治療が必要なのか、大まかな治療回数及び期間、治療費用をお伝えしています。初診料は、20000円(税別)になります。

2. 精密検査

1歯のみの治療であれば、その歯の前後やかみ合う歯に合わせて、修復物を作ればいいのですが、何本の歯を同時に治療して行くとなると、応急処置の歯の治療が終了後、口の中全体の精密検査が必要になります。
それぞれの歯の状態を調べるためにレントゲンや歯周検査、かみ合わせの状態を把握する等、矯正治療の必要性やそれぞれの歯を保存して行くのか、歯が失われている所には、インプラント治療をするのか、骨の状態はどうなのか?などの口の中全体を把握する必要があります。精密検査の費用(健康保険外)は、70,000円(税別)掛かります。

3. 治療計画の提示(文書による提案)

精密検査のデーターを診て、口の中全体の現在の問題点、将来的な治療を考えた歯科治療のご提案をさせて頂きます。歯科治療も人間が行う行為なので、一度治したら一生持つというものではありません。しかし一度全体的に治療させて頂いた患者さんには、親身になって出来る限りのフォローをさせて頂きたいと、考えています。

4. 治療目標の決定

どこまで治療をするのか?どのように治療を進めて行くのかを患者さんと相談して最終的な治療ゴールを決め、治療契約をして行きます。

5. 治療開始

炎症がある場合、まずは炎症の除去から始まります。根管治療(根幹治療)や歯周治療はこの中に含まれます。
修復治療に関しては、仮の歯を何度か(必要に応じて)製作し、機能性、審美性、清掃性、発音等の様々な問題点が改善されて、最終的な修復物(多くはセラミック)に置き換わります。

6. 治療再評価

治療が計画通りに進んでいるか、確認をします。場合によっては、治療計画の見直しが必要泣こともあります。再評価時に治療の現状を確認いたします。

7. 治療終了

最終的な修復物が口の中に装着されると、治療自体は終了になりますが、これは今後、その状態を維持させて行くためのスタートになります。適期的なメンテナンスが必要です。

8. リコール

長期的予後への定期検診(1ヶ月から6ヶ月)、かみ合わせ、咬み合わせ、噛み合わせ、歯周病のチェック
普段のお手入れでは取りきれない歯石や着色を除去します。

お悩み・疑問にお応えします

根管治療、根幹治療、インプラント、噛み合わせ、咬み合わせ、かみ合せ、歯・歯茎の痛みにお悩みの方、当院の治療に関して詳しい内容をお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。
セカンドオピニオンも受け付けています。初診時の費用と同じく1時間あたり30,000円(税別)になります。
資料を患者さん自身がお持ち頂き、それに対して専門的なアドバイスを行う事がセカンドオピニオンです。

ご相談・お問合せはこちら   アクセス情報はこちら  
 

現在地:吉松歯科医院 HOME治療の流れ