歯科医院(東京都港区虎ノ門)吉松歯科医院

吉松歯科医院のインプラントなどの治療費用

インプラント・審美歯科・根管治療の治療費〔技術料〕

治療費について

吉松歯科医院では、治療する修復物の材質の選択は患者さんサイドではなく術者サイドにあると考えています。そのため1本のクラウンを治療するにあたっても患者さんのかみ合わせ状態、部位、かみ合う歯の材料によりこちらがベストと思う材料を選択させていただきます。

※表示してある金額はすべて税別金額でございます

 

歯科医院の自由診療の費用は、保険制度ではないので一律ではありません。患者さんサイドから考えるとこの事が、どの歯科医院を選んで良いか、迷う事になります。
資本主義社会では、技術が高ければ、それだけの治療費が掛かります。日本では健康保険の様に治療費が安ければ、競争がなくなってしまい治療技術の質が低下してしまいます。また、中には治療費が高くても治療技術が低いこともあります。
患者さんご自身で、複数の歯科医師の話を聞いて、ご自分が納得出来る治療技術、治療費の歯科医院を選択されるのが、ベストだと考えています。
最近は、歯科医師の相談サイトもありますが、実際の口の中を診てもいないのによく推測でモノが書けるなぁと思っています。
現在、日本だけでなく世界的に歯科の分野では、インプラント、人工歯根が全盛期であります。日本では特に、健康保険外のインプラント治療だから、健康保険の治療費より比較的簡単に治療費を得る事が出来るため、残せる歯であってもインプラント治療を薦めて、治療費を得ようとする傾向にあります。
吉松歯科医院もインプラント治療を行っていますが、その前の根管治療(根幹治療)や歯周治療により重きを置いています。
歯科治療技術を売りにしているので、健康保険の治療は、行っていません。

吉松歯科医院で一番の売りにしているの事は、根管(根幹)治療です。
そのため、根管治療の費用については、アメリカのトップエンドドンティストと
同じ金額に設定しています。アメリカでも根管治療専門医、根幹治療専門医の費用は、地域や先生自身の考えによりまちまちですが、尊敬しているサンタバーバラで開業しているTerry Pannkuk先生の治療費を参考にしています。

インプラントオペ 1本あたりの費用  300,000円より

1次オペ、2次オペの合計の費用です。これに上にかぶせるもの(オールセラミックスクラウン)の費用が掛かります。

口腔状態により骨移植 100,000円より
歯肉移植          100,000円より
の費用が追加されます。
骨移植は、人口骨もしくは自家骨を用いています。

安心で信頼のインプラント治療 3iインプラント

オールセラミックスクラウン、ラミネートベニア、セラミックインレーなどの修復物について

オールセラミッククラウン

クラウンを例に挙げると、同じ材料であっても一本の歯にある歯科技工所は4から6色程度の色しか使わずに製作してくるところもあり、別な技工所は20から30色ぐらいの色を使い、同じ材料であったとしてもその歯科技工士の技量によりまちまちです。
吉松歯科医院が現在仕事を依頼している技工所は、日本でかなり高度な技術をもっている技工所に仕事を依頼しています。

 

マージン(自分の歯と人工物との継ぎ目)の精度、適正なコンタクトポイント(隣り合った歯との間隔、70ミクロン)、コンタクトポイントの大きさ、快適なかみ合わせ、など見た目だけではわからない治療精度がかなりあります。
セラミックの差し歯が安い価格で見た目も良かったとしても治療の精度が低いといつかは必ずやり直さなければならなくなるので、結果的には高くつくことになります。
例えばマージンが合っていないとまた虫歯になりますし、コンタクトポイントが適正でないと食事をすると、いつもそこに物が挟まったりします。
大切なことは治療の精度、質なのです。

オールセラミックスクラウン  150,000円より
ラミネートベニア        130,000円より
セラミックインレー        100,000円より
セラミックオーバーレイ      120,000円より

根管治療

手術用実体顕微鏡(マイクロスコープ)を用いた最新の歯科治療

出来る限り歯の神経を保護するように治療をしていますが、不幸にして神経にまで虫歯が到達してしまった場合、また以前に根の治療を行ったが再治療が必要な場合、根管治療が必要になります。
ラバーダム防湿をしてマイクロスコープ(実体顕微鏡)を用いて行います。

虫歯(感染部)を除去し、神経の保護をする処置  100,000円
すべてラバーダム防湿を行い、マイクロスコープ下での治療になります。
出来る限り神経を保護する事に努力をしますが、神経を保護する処置を行なった後、根管治療が必要な場合は、根管治療の費用より差引きさせて頂いております。

欧米の歯内療法ではマイクロスコープが幅広く活用されており、治療効率や成功率の上昇につながっています。吉松歯科医院では今まで「手探りで行ってきた歯内療法」を明視野で拡大してみる事により「確実な歯内療法」へとなりました。
治療の途中で写真を取り、現在の状態を説明いたします。
歯の位置、個人差により根の数が違いますので料金に差が出てきます。

前歯部   300,000 円より
小臼歯部 310,000 円より
大臼歯部 330,000 円より

別途、衛生管理費 2,000 円/1回が毎回かかります。

治療費用の中にCT撮影費用、コンポジットレジンによる隔壁、根管充填剤(MTA)の費用、ファイバーコアまでの費用が含まれています。また、パーフォレーションリペアーの費用もこの中に含まれております。

2007年より日本でもMTAが入手しやすくなりましたが、再根管治療の時は従来のガッタパーチャーで根尖部を封鎖するよりもMTAで根尖部を封鎖した方が予後がいいように思われます。当医院では、2008年現在再根管治療時にはMTAによる根管治療を推奨しています。
2002年以降従来のガッタパーチャーは、否定され現在は、MTA,BioAggregateを用いた根管充填を行なっています。MTAも世界的には5種、6ブランドがあります。当院で現在使用しているものは、DiaRoot(BioAggregate)をメインに使用しています。

ちなみにアメリカのトップエンドドンティストと言われている先生は、500,000円以上、ラドル先生は650,000円でした。大学病院で治療をすると確かに200,000円程度ですがこれもインストラクタークラスの先生になると費用は変わります。
アメリカでは、インプラントの費用と根管治療の費用は、同じもしくは根管治療のほうが高額になる場合が多くあります

また、外科的歯内療法には、逆根管充填剤としてMTA、バイオセラミックを使用しています。
根管治療後の逆根管充填は、1根管あたり追加50,000円の費用で行っています。

全顎にわたるスケーリング(歯石を除去し研磨までの費用が含まれます)50,000 円から
回数は患者様の状態によりさまざまですが、通常2回から4回で終わります。終了までの治療費が含まれています。
衛生管理費2回目以降 2,000円/1回

 

歯周病に関する外科的なオプション

エムドゲインによる骨再生療法    100,000円より
ゴアテックスメンブレンによる骨造成 100,000円より
1歯あたりの骨移植           100,000円より
最近は骨移植が比較的簡便に行うことができるので骨移植を主にオペをしています。

かみ合わせ〔顎関節症〕

バイトプレート 70,000円より

ホワイトニング

ホームとオフィスブリーチングを併用 70,000円

入れ歯(義歯)

レジン床 800,000円より
金属床 タイコニューム床 900,000円より
金属床 タイコニューム床にチタン処理をしたもの 900,000円より

すべて1顎の治療費になります。上下顎総義歯の場合、2個分の費用になります。
仮義歯(旧義歯でも可能)を改造していき、それをもとにして型を採る方法で行っています。(テンタティブデンチャー法)
〔以前私が制作した義歯の患者さんの場合、治療費を20%引とさせていただきます〕
メリット
最終的な完成義歯になって痛いとか、かめないという心配がない。
デメリット
状態にもよりますが時間がかかります。
仮義歯を製作する場合、別途 50,000円かかります。

お悩み・疑問にお応えします

歯・歯茎の痛みにお悩みの方、当院の治療に関して詳しい内容をお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問合せはこちら   アクセス情報はこちら  
 

現在地:吉松歯科医院 HOME治療費用