審美歯科のことなら東京・港区・虎ノ門の吉松歯科医院へ

セラミック修復の吉松歯科医院の審美歯科

機能・審美・清掃性を考慮した審美歯科

東京都港区虎ノ門/吉松歯科医院では機能性・審美性・清掃性に考慮した審美歯科をご提供することができます。健康で審美的な修復物を作ることは高度な技術が必要です。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

従来はセラミック(審美歯科)というとメタルセラミッククラウン(メタルキャップの上にセラミックを焼き付けたもの)を言っていました。これは技術の高い歯科技工士が作ってもメタルを使用している関係で歯肉(歯茎)のところに影ができたり、質の悪い金属を使っている場合、歯肉(歯茎)が黒ずんできたりしてしまいます。現在は金属を一切用いないセラミック(せともの)のみで、歯を作ることができます。酸化アルミナやジルコニアでキャップをつくり、その上にせともの(陶材)を盛り上げていくものです。

-

吉松歯科が開院して以来、オールセラミックスのシステムもOPC(ペントロン)、プロセラ(ノーベル)、GN-1(GC)、プロセラジルコニア(ノーベル)、LAVA(3M)といろいろなシステムを用いてきました。最近のプロセラ、プロセラジルコニア、LAVAは特に機械的強度も強く、LAVAにいたっては内側のキャップの部分が、従来の金属よりも強度があります。
現在、考えられる材料の中では一番自分の歯(エナメル質)に近い硬さの材料です。また審美性の面でも従来の白い歯というものではなく、より自然に見える歯を作ることが出来ます。もちろん色調を合わせるため写真を撮り、色合わせをいたします。仮止め(仮着)時に色が気に入らなければ、修正もしくは作り直しをいたします。

ラミネートベニア

オールセラミッククラウン

術前 前歯の審美障害ため来院

咬合面から観るとセラミック修復物が装着されていることがわかります

術後 咬合面から観るとセラミック修復物が装着されていることがわかります

術前 前歯の審美障害ため来院

前歯に虫歯のある方、漂白では満足できない方、漂白の効果の薄い方におすすめしています。歯の形の変更も可能です。

メリット

歯を削る量が少なく、審美性は見違えるようになります。

デメリット

咬合(かみ合わせ)に問題がある患者様には出来ない。

セラミックインレー・セラミックアンレー

セラミックインレー・セラミックアンレー

歯の色調をしたセラミックの部分的なかぶせ物。クラウンより強度が落ちるが削る量が少ない。

技術紹介

矯正治療は受け入れられなかったため、セラミック修復物のみで治療をしたケース

術前

セラミック修復物のみでの治療前

術後

セラミック修復物のみでの治療後

審美歯科に関するお問い合わせは東京都港区虎ノ門/吉松歯科医院にご相談してください。

お悩み・疑問にお応えします

歯・歯茎の痛みにお悩みの方、当院の治療に関して詳しい内容をお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問合せはこちら   アクセス情報はこちら  
 

現在地:吉松歯科医院 HOMEセラミック修復