噛み合わせの治し方を知りたい? 正しい方法を詳しく解説


噛(か)み合わせが悪いと、食べものをうまく噛めない・食べかすが歯に挟まって虫歯の原因になりやすいものです。また、歯並びがガタガタになっていることで、見た目が悪いだけでなく、全身にあらゆる影響があります。噛み合わせは、できるだけ早く治すことが大切です。しかし、どんな治し方で進めていくのか不安な人もいることでしょう。そこで、今回は、噛み合わせの治し方について詳しく解説します。

  1. 噛み合わせの基礎知識
  2. 噛み合わせのチェックポイント
  3. 噛み合わせの治し方を解説
  4. 噛み合わせを治すための歯科選び
  5. 噛み合わせの治し方に関するよくある質問

この記事を読むことで、噛み合わせの治し方が理解でき、適切な方法でキレイな歯並びにすることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.噛み合わせの基礎知識

最初に、噛み合わせの基礎知識を学びましょう。主な原因や放置した場合の影響など、詳しく解説します。

1-1.噛み合わせとは

噛み合わせとは、上下の歯の接触具合です。子どものころにすき間だらけの状態でも、永久歯が生えてからきちんとした歯並びになり、正しい噛み合わせになれば問題ありません。ただし、多くの人が何らかの原因で噛み合わせがずれているものです。なお、噛み合わせが悪いと顎(あご)に負担がかかり、顎関節症(痛みや違和感がある・口を開きにくくなるなど)の原因になります。

1-2.噛み合わせが良い・悪いとは

良い噛み合わせでは、上下の歯を合わせたときにずれやすき間が発生しません。悪い噛み合わせは、歯のずれやすき間がある状態を言います。良い噛み合わせであっても、長年のくせや生活習慣の影響で悪くなることもあるので安心できません。

1-3.噛み合わせが悪い原因

噛み合わせは、日常生活に多くの原因があります。姿勢が悪いと、噛み合わせにも影響するので気をつけましょう。また、ほおづえや舌で歯を押すなどのくせがあると噛み合わせが悪くなります。無意識に行っていることが原因であることも多く、まずは、何がいけないのか自覚することが必要です。

1-4.放置するとどうなる? 影響は?

噛み合わせの悪さを放置すると、全身にさまざまな悪影響が出ます。主なものに関しては、以下を参考にしてください。

  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 歯並びが悪くなる
  • 部分的に歯が割れたり欠けたりする
  • 顔がゆがむ
  • うまく発音できなくなる
  • 顎関節症を引き起こす
  • 頭痛や肩こりの原因になる
  • 夜中に歯ぎしりをするようになる
  • 姿勢が悪くなる

1-5.噛み合わせが悪くなりやすい人や患者数について

以下のような人は、噛み合わせが悪くなりやすいので注意してください。

  • 歯並びが悪い
  • 姿勢が悪い
  • ほおづえをつくくせがある
  • 指をしゃぶるくせがある
  • 舌を歯の裏に押し当てるくせがある
  • 歯を食いしばったり歯ぎしりしたりしやすい
  • 片方の歯だけでものを噛んでいる
  • 虫歯や欠けた歯・抜けた歯を治療しないで放置している
  • 親知らずを放置している
  • インプラントや入れ歯が合っていない
  • 大きなストレスを抱えている

2.噛み合わせのチェックポイント

噛み合わせの状態は、簡単なセルフチェックで把握することができます。チェックポイントや注意点と併せて解説しましょう。

2-1.噛み合わせのチェックポイントについて

噛み合わせの状態をチェックするには、以下のポイントを参考にしてください。多く当てはまる人ほど深刻な状態です。

  • 上下の歯を合わせたときにすき間ができる
  • 食べものを噛みきることができない
  • 食べものが歯に挟まりやすい
  • 寝ているときに歯ぎしりをしている
  • 口を大きく開けると痛みがあったり音が鳴ったりする
  • 顔が明らかに左右非対称である
  • 原因不明の頭痛や肩こりがある
  • 歯並びが徐々に悪くなってきた

2-2.噛み合わせのチェックポイントに関する注意点

チェックは厳しく行ってください。この程度なら当てはまらないと勝手に判断するのは禁物です。また、チェック後もそのまま放置せず、当てはまる項目を改善するようにしてください。噛み合わせの悪さは、どんどん進行してしまいます。できるだけ早く適切な治療を開始してください。

3.噛み合わせの治し方を解説

噛み合わせの治し方について、具体的に解説します。

3-1.噛み合わせで治すべき症状とは

以下のような症状があるときは、すぐに治療を開始しましょう。

  • 噛み合わせが悪いせいで歯が割れたり欠けたりする
  • 食事がうまくできない
  • 顎関節症の疑いがある
  • 頭痛や肩こりがある

3-2.噛み合わせはどうやって治す?

噛み合わせの治し方には、以下のような方法があります。

3-2-1.歯列矯正

歯並びが悪い場合は、歯列矯正が効果的です。大人になってからでも、歯列矯正は可能なのであきらめないでください。治療に2年程度かかることもありますが、矯正後は美しい歯並びと正しい噛み合わせが手に入るのでやってみる価値は大きいと言えます。

3-2-2.マウスピースをはめる

歯並びが悪い人は、無意識に歯を食いしばったり歯ぎしりしたりしていることが多いものです。そこで、就寝時にマウスピースをはめる噛み合わせの悪化を防ぐことができます。マウスピースは、歯科で自分に合ったものを作成してもらいましょう。

3-3.噛み合わせはどこで治す?

噛み合わせの治療は、歯科で行うものです。歯科では、歯並びの状態を見て、治療の方針を決定します。噛み合わせの調整は、高度な技術が必要なため、腕のいい歯科で治療を受けましょう。

4.噛み合わせを治すための歯科選び

噛み合わせを治すためには、腕が良くて信頼できる歯科を選ぶことが大切です。選び方のポイントや費用などを、詳しく解説します。

4-1.噛み合わせの治療はどこの歯科でもできる?

噛み合わせの治療は、高度な技術を必要とします。すべての歯科で取り扱いがあるとは限らないので注意しましょう。基本的には、診療内容に「歯列矯正」などの表記があれば治療を受けられますが、よくわからないときは事前に問い合わせをしてください。

4-2.歯科の選び方

噛み合わせの治療は、以下の条件を満たす歯科で行うことをおすすめします。

  • 噛み合わせの治療で実績が豊富
  • 技術力が高く仕上がりがいい
  • 治療方針の説明がわかりやすい
  • 治療費のシステムが明快
  • 意思やスタッフが高圧的な態度をしない
  • 院内や備品を清潔に維持している
  • 自宅や会社などから通いやすい立地

なお、当吉松歯科でも、噛み合わせの治療で高い評価を受けており、多くの実績を誇ります。まずは、お気軽にご相談ください。

4-3.噛み合わせを治す場合の費用について

噛み合わせの治療費は、以下を目安にしてください。治療方法によっても上下するため、詳しくは歯科に確認しておきましょう。

  • 歯列矯正:平均80万~100万円程度
  • マウスピース作成:1個平均2万~3万円程度

4-4.健康保険は適用か適用外か

噛み合わせの治療は、健康保険が適用のものと適用外のものがあります。たとえば、顎(がく)関節症などを伴っている場合は、保険適用で治療が可能です。美容目的で行う場合は、保険を適用できません。保険適用には、病気の治療に関係していることが条件となるからです。

4-5.歯科選びに関する注意点

歯科選びは、名前だけで選ぶと失敗します。いくら有名でも、設備が新しくてキレイなだけがメリットで、ほかの点がまったくダメなこともあるのです。特に、開院したばかりのところで、派手な宣伝が目立つところには注意しましょう。噛み合わせの治療には、技術力が重要です。また、長期にわたって通院する必要があります。信頼して治療を任せるためにも、歯科選びは慎重に行ってください。

5.噛み合わせの治し方に関するよくある質問

最後に、噛み合わせの治し方に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を参考にし、疑問や不安をなくしてください。

Q.長年噛み合わせが悪い状態でも治療できますか?
A.可能です。まずは、受診しましょう。治療は長引く可能性が高いものの、状態は必ず良くなるので安心してください。なお、長年噛み合わせが悪い人は、口内環境が悪く、虫歯や歯周病も進行していることがあります。いい機会と考え、必要な治療はすべて行いましょう。

Q.噛み合わせが悪いと学力に影響すると聞いたのですが?
A.噛み合わせが悪いと、集中力が欠如して学力に影響が出ることもあるでしょう。子どものうちに治療を開始すれば、治療期間も短く、キレイな噛み合わせを実現できます。学力向上のためにも、早めに受診してください。

Q.忙しくて2~3年も治療に通う暇がないのですが?
A.忙しくても、都合をつけて治療に通いましょう。噛み合わせは、治療をしない限り悪化するだけです。症状が進行すると、治療が困難化・長期化することになります。今よりも負担が大きくなるだけなので、早めに通うことが大切です。

Q.噛み合わせの治療中に食事制限はありますか?
A.基本的には好きなものを食べて問題ありません。ただし、歯科医から特定のものを避けるように言われた場合は、指示に従ってください。日中にもマウスピースを着用している場合は、着色しやすいものの摂取制限があるでしょう。たとえば、紅茶・コーヒー・ワインやチョコレートなど、マウスピースが汚れやすいものです。

Q.噛み合わせの治療中はエステを受けられないと聞いたのですが?
A.フェイシャルエステなどは、顔の骨格や筋肉に負荷がかかることがあるため、治療中は不可としているところもあります。施術内容にもよりますが、噛み合わせの治療が完了してから受けたほうが安全です。エステを受けたくても、治療中であることを隠すのはやめましょう。万が一トラブルが発生したときに自己責任となります。

まとめ

今回は、噛み合わせの治し方について詳しく解説しました。噛み合わせが悪いと、歯並びが悪くなるだけでなく、虫歯や歯周病などの口内環境悪化や、肩こり・頭痛などの全身症状を引き起こすことがあります。命にかかわる症状ではないため、放置されがちなのが問題です。放置していると悪化するだけなので、早めに治療を受けましょう。美しい歯並びを手に入れ、健康に過ごすためにも、歯科に相談してみてください。


マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供