セラミックの歯はどんな特徴がある? メリット・デメリットを解説!


笑ったときや会話をしているときに見える「白い歯」は、誰もが憧れるものです。しかし、虫歯で傷ついたり、差し歯をしなければならなくなったりしたとき、「白い歯を取り戻すことができないのか……」と落ち込むでしょう。そんなときに、詰めものの1つとして選択できるのが、セラミックの歯です。セラミックの歯は白い透明感が特徴的ですが、きちんと知識を身につけておかなければ理想の歯にすることができません。そこで、本記事では、セラミックの歯のメリットやデメリット・歯医者選びのポイントなどについて説明します。

  1. セラミックの歯について
  2. セラミックの歯~メリット・デメリット
  3. セラミックの歯~歯医者選び
  4. セラミックの歯に関してよくある質問

この記事を読むことで、セラミックの歯について詳しく知ることができます。気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

1.セラミックの歯について

セラミックを使用する前に、一体どのようなものなのか、どんな場合に使われているのか、基礎知識を身につけることが大切です。それでは、詳しく説明します。

1-1.どんなものか

本物の歯と見分けがつかないほど精巧に作られた歯のことを「セラミック」といいます。被(かぶ)せものとして使用されることが多く、銀歯よりも本物の歯に近づけることができるのです。そもそも、セラミックとは、陶磁器・耐火物・ガラス・セメントを含む非金属や無機材料で、製造過程において高温処理を受けたものの総称となります。歯の治療で使われるセラミックは、ジルコニア・アルミナ・ニケイ酸リチウムガラス・ハイブリッドセラミックなど種類はさまざまです。使用する材質によって、歯の色や仕上がり感にも違いが出てきます。
セラミックを使用する際は、きちんと種類を把握して、違いやメリット・デメリットを理解しておかなければなりませんね。

1-2.どんな場合に使われるか

一般的に使用されるのは、虫歯の治療や差し歯を使用する場合です。虫歯で詰めものが必要になったとき、セラミックを使用すればキレイな歯を手に入れることができます。セラミックは、瀬戸物や焼きものに使われる素材なので、ほかの差し歯よりも本物の歯に近づけることができるのです。従来の被(かぶ)せものといえば、銀歯が主流でしたが、銀歯は金属でできており目立ちますよね。そこで、もとの歯に近づけるセラミックが注目され、見た目の美しさを重視する場合にも使用されるようになりました。

1-3.素材の種類について

セラミックの素材には、ジルコニア・アルミナ・ニケイ酸リチウムガラス・ハイブリッドセラミック・ファイバーコアの5種類があります。それぞれの特徴を以下にまとめましたので、ぜひチェックしてください。

  • ジルコニア:医療分野でも広く使われており、審美性の高い素材。腐食に強く、生体親和性(生体組織・細胞とのなじみ)が良い
  • アルミナ:酸化アルミニウムを使用しており、硬めの材質が特徴。歯科材料としては、オールセラミッククラウンのフレームや研磨剤などに利用されている
  • ニケイ酸リチウムガラス:曲げ強度が360~400MPa(メガパスカル)を有するセラミック材料で、非常に高い耐久性を持つ
  • ハイブリッドセラミック:セラミックの粉末とレンジ(歯科用プラスチック)を混ぜた素材。セラミックの強度と有機材料の粘り強さをあわせ持っている
  • ファイバーコア:歯と同程度の弾性を持っているグラスファイバー製の土台。美しく透明感かつ強度がある

1-4.セラミックの歯の治療方法

セラミックの治療は、どのような施術をするのかによって方法が異なります。たとえば、歯の表面に薄いセラミックを貼りつける場合は「ラミネートべニア」と呼ばれる方法を採用することになるでしょう。主な治療方法を、以下にピックアップしてみました。

<歯の表面に薄いセラミックを貼りつける方法>

  • ラミネートべニア:歯の表面がでこぼこしている・歯の一部が欠けてしまった場合に採用する方法。前歯の表面を少し削り、その部分に特殊な技術で製作した薄いセラミックを貼りつける

<歯の一部分にセラミックを詰める方法>

  • セラミックインレー:セラミック特有の透明感で自然な色調が再現できる
  • ハイブリッドセラミックインレー:セラミックの透明感とプラスチックの粘り強さを適度にあわせ持つ

<全体にセラミックをかぶせる方法>

  • オールセラミッククラウン:強化セラミックを使用する最先端の治療法。歯の表面だけでなく、裏側もすべて白くなる
  • メタルセラミッククラウン:色調・形態ともに優れており、保険適用外の代表的な差し歯

2.セラミックの歯~メリット・デメリット

理想的な歯を手に入れるためには、セラミックのメリットや特徴・デメリットを把握しておかなければなりません。また、銀歯との違いや費用・最近の傾向についても説明します。

2-1.メリット・特徴

セラミックの大きなメリットといえるのが、ツヤのある自然な白い歯になることです。陶器のようなツヤが特徴のセラミックは、製作する際に自分の歯の色にあわせるよう微調節できます。違和感なく、自然な仕上がりになるでしょう。また、セラミックは水分を通さない性質を持っています。そのため、食べ残しや歯垢(しこう)がつきにくく、清潔さを保ち続けることができるのです。さらに、セラミックは金属アレルギーになりません。詰めもの・差し歯として昔から使用されてきた銀歯は、金属でできているため、金属アレルギーを引き起こす原因となることがあります。金属アレルギーを持っている方は、セラミックがおすすめです。

2-2.銀歯との違いについて

銀歯とセラミックの大きな違いは、審美性と費用です。銀歯は銀色なので、話をしたり、口を笑ったりしたときに一目で治療した歯だと分かります。しかし、セラミックは自身の歯の色に似せることができるため、キレイなままでいられるのです。人と会話をしていても気になりません。
また、銀歯の場合は、経年劣化によってすき間ができ虫歯菌が発生することがあります。一方、セラミックは経年劣化がなく、歯との密着度も高いので虫歯のリスクが低いのです。銀歯の平均寿命はおよそ7年ですが、セラミックはおよそ8~10年といわれています。きちんと管理していけば、キレイなまま維持できるでしょう。
もう1つの大きな違いとなる「費用」に関しては、次項の【2-3.費用について】で説明します。

2-3.費用について

セラミックの素材や治療方法によって費用が異なります。一般的な歯科では、1本5万~18万円ほどです。ただし、審美性を重視する前歯の場合は9万~18万円程度、小臼歯(しょうきゅうし)の場合は7万~18万円など、場所によっても異なります。担当医師と相談しながら、自分の歯に適した素材・治療法を選び、費用と見比べてください。
銀歯の場合は、保険が適用されるので1本3,000~5,000円で治療が可能です。費用が高くなることが、セラミックのデメリットといえるでしょう。

2-4.最近の傾向

いろいろなセラミック治療法がありますが、最近は、オールセラミック治療に注目が集まっています。金属と併用しているメタルセラミックやハイブリッドセラミックは、金属を使うのでアレルギーを引き起こすおそれがあるでしょう。また、歯周病で歯茎が後退したときは金属部分が見えてしまいます。これらのデメリットを、オールセラミック治療であれば解消できるのです。歯の裏もセラミックを使うので費用は高くなりますが、セラミック治療の良さが発揮できる方法といえるでしょう。

3.セラミックの歯~歯医者選び

適切な治療を受けるためには、歯医者選びが大きなポイントです。では、どんな歯科を選べば良いのでしょうか。

3-1.どこの歯科でもできるのか

セラミック治療を行っていない歯科もあるので、治療を受ける際はセラミックに対応しているかを確認してください。できれば、セラミック治療の実績がある歯科を選んだほうが良いでしょう。中には、セラミック治療を行っていても、実績や経験がないところもあります。経験のないところほど、その人の口腔(こうくう)環境に見合った治療ができません。高額な費用を請求されることもあるので気をつけてくださいね。

3-2.治療法について

歯医者選びで重要なのは、治療前の検査と治療法の説明です。きちんと治療を行っている歯科では、最初に歯の状態や口腔(こうくう)環境を確認します。レントゲン撮影やCTなどの検査を行った上で、適切なセラミック治療を提示するのです。治療法について、丁寧かつ分かりやすく説明してくれるのかチェックしてくださいね。
また、治療法が選択できるのも大切なポイントです。セラミック治療に限られていると、適切な治療を受けることができません。

3-3.歯科の選び方のポイント

では、どのような歯科を選べばよいのでしょうか。迷ったときは、以下のポイントを参考にして選んでください。

  • セラミック治療の実績・経験があるか
  • ホームページに治療法や施行例が記載されているか
  • 丁寧に説明をしてくれるか
  • 治療費用が適切か
  • 治療前の検査や説明をきちんとしてくれるか
  • 対応が丁寧で通いやすいか
  • 治療保証が充実しているか

3-4.保険について

基本的に、セラミックは保険適用外なので自費治療です。しかし、歯科によっては、一部のセラミックだけ保険適用になることがあります。たとえば、歯科用プラスチックにセラミックの粉末を混ぜたハイブリッドセラミックです。ハイブリッドセラミックのブロックをCAD/CAMという機械で削り出して作る被(かぶ)せものは、保険適用となる可能性があります。ただし、歯科によって異なるため、保険に関しては問い合わせたほうが良いでしょう。

3-5.注意点

「治療後、被(かぶ)せものが外れた」などのトラブルが起きるかもしれません。特に、きちんと治療を行わない歯科では、治療後のトラブルが起きやすい傾向があります。万一のためにも、治療保証が充実している歯科を選びましょう。精度の高い治療を実践する「吉松歯科医院」では、詰めもの・被(かぶ)せものの治療の場合、5年間の保証がついています。保証期間内ならば修理・再製作が無料になるので、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

4.セラミックの歯に関してよくある質問

セラミックの歯に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

4-1.虫歯の再発はあるのか?

セラミックは歯との密着度が高く、表面も滑(なめ)らかなので虫歯の再発リスクは極めて低い傾向があります。しかし、銀歯よりも再発のリスクが低いという意味なので、絶対にならないわけではありません。虫歯のリスクを低くするためには、毎日の正しい歯磨きやケアが大切です。

4-2.治療の流れが知りたい

まずは、治療前に歯の状態を診てもらいます。虫歯の有無や歯の根が健康かどうかを調べるために、レントゲン撮影やCTを行うでしょう。そして、適切な治療法とセラミックの種類を選び、型取りをします。型取りの際に、自身の歯の色に合わせるため、色合いの確認もすることになるでしょう。セラミックが完成したら、接着剤でつけて微調整→磨いて完了となります。

4-3.セラミック治療でできることとは?

虫歯の治療や被(かぶ)せものだけでなく、過去の治療で変色した歯を白くすることもできます。また、短期間で歯並びを良くする・歯と歯のすき間をなくす・口臭の原因にならない治療も可能です。セラミック治療でできることはたくさんあります。

4-4.治療期間はどのくらいか?

口腔(こうくう)内や歯の状態によって異なりますが、おおよそ2~4週間かかるでしょう。治療期間を短くするよりも、時間をかけて治療を行ったほうが、後になってトラブルになりません。きちんと検査をして説明を受けてから、治療を始めましょう。

4-5.歯ぎしりの癖(くせ)があっても、セラミックは利用できるのか?

セラミックは、強度は高くても、欠けたり割れたりすることがあります。そのため、噛(か)む力が強い人や歯ぎしりの癖がある人は、注意が必要です。歯ぎしりの癖がある人でセラミックを利用する場合は、マウスピースを作って就寝時にはめて寝てください。歯ぎしりを改善する努力が必要です。

まとめ

いかがでしたか? セラミックは、瀬戸物や焼きものに使われる素材で強度が強く、白くキレイな歯を手に入れることができます。銀歯よりも費用は高めですが、自身の歯の色に似た被(かぶ)せもの・詰めものとなるので違和感がありません。セラミックでもさまざまな素材の種類があり、口腔(こうくう)内や歯の状態によって治療法が異なります。セラミックの歯を使用する際は、治療の実績がある歯科を選びましょう。きちんと基礎知識を身につけておけば、理想的な歯を手に入れることができます。


マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供