歯が割れる原因や放置する影響とは? 早めの治療が必要な理由を紹介


歯が割れる原因や治療法について知りたいと思いませんか? 歯は硬そうに見えて、実は意外な原因で割れることがあるのです。そのまま放置すると、歯の寿命を短くしてしまう可能性もあります。この記事では、歯が割れる原因や割れてしまったときの治療法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 「歯が割れる」とは?
  2. 歯が割れる原因について
  3. 歯が割れたときの対処法と治療法
  4. 歯が割れることに関するよくある質問と役立ち情報

この記事を読むことで、歯が割れることによって起こる影響や治療の必要性についても知ることができるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.「歯が割れる」とは?

まずは、「歯が割れる」ということについて解説します。

1-1.どういうことか?

歯が折れることを「破折(はせつ)」といい、歯周病や虫歯に次いで歯を失う原因の一つと考えられています。割れ方にもさまざまなものがありますが、特に、歯茎の中にある根が割れる「歯根破折(しこんはせつ)」は治療が長引く可能性が高く、危険です。早めに歯医者を受診しましょう。

1-2.主な症状

以下のような症状があるときは受診するのがおすすめです。

  • 歯茎に違和感がある
  • 歯が痛む
  • 歯がしみる
  • 歯茎に腫れがある
  • 歯がグラグラしている

2.歯が割れる原因について

歯が割れる原因についてご紹介します。

2-1.主な原因

まず、歯医者での治療を何度も受けている歯は、薬品などの影響によってもろくなっており、割れてしまうことがあります。繰り返し同じ歯の治療を受けている人は、歯の寿命がすり減ってきている可能性があるのです。そのほかにも、かむ力がコントロールできないことも破折(はせつ)の原因になります。また、特に子供は転倒したはずみで歯を打ち付け、割れてしまうケースも少なくありません。

2-2.かみ合わせについて

歯並びが悪いとかみ合わせにも影響し、一部分の歯に力が集中してしまうことがあります。負担がかかっている歯はやがて耐え切れず、割れてしまうのです。特に、加齢とともに筋肉や関節の柔軟性が失われ、かみ合わせの悪さが歯を割ってしまう原因になることが多いでしょう。

2-3.割れた歯はどうなるのか?

割れた歯をそのままにしておくことは、単に見た目の印象に影響を与えるだけの問題ではありません。放置しておくと以下のような症状が現れることもあるため、注意しましょう。

  • 細菌が入り込んで歯茎が腫れる
  • 食べカスが入り込んで口臭の原因になる
  • 歯茎の腫れや出血など、歯周病と似た症状が現れる
  • あごの骨が溶ける

3.歯が割れたときの対処法と治療法

対処法と歯医者での治療法をまとめました。

3-1.まずどうするのか?

できるだけ早く歯医者を受診して治療を開始しましょう。すぐに受診できない場合は、幹部に触れないように過ごすことを心がけてください。気になって触りたくなる気持ちは分かりますが、刺激を与えると症状が悪化します。痛みが強いときは、市販の鎮痛剤を飲みましょう。一時的な効果ではありますが、歯医者に行くまで薬を飲んで乗り切ってください。

3-2.治療法について

歯が割れたときの治療法は、状態によって異なります。

3-2-1.神経を治療する

神経がある歯の場合は、局所麻酔をして歯の神経を取り除く治療が行われます。虫歯が進行してしまったときに行う治療と同じです。根の治療を行ったあと、改めて差し歯を作って装着します。

3-2-2.歯を引き上げる

歯茎の上方で歯が割れている場合は、部分矯正によって歯を引き上げ、歯茎の中に細菌が入り込まないようにします。ただし、箇所によっては治療できない場合もあるでしょう。

3-2-3.接着剤でつける

部分的に亀裂が入った場合は、歯の内側から接着剤をつけて固定します。神経が残っている場合は、神経を抜いてから行うことになるでしょう。固定したあとは被せものをします。

3-3.抜歯について

歯の状態によっては、抜歯が必要になるでしょう。割れている根だけを抜歯する方法と、割れている歯をすべて抜歯する方法があります。治療開始まで時間があくと、すき間から細菌が入って感染してしまうことがあるのです。こうなると、割れた歯が感染源になってしまうため、すべて抜歯する必要があるでしょう。

3-4.歯医者選びのポイント

選択される治療法によっては何度も通院することになります。安心して治療を受けられるように、信頼のおける歯医者を選ぶようにしましょう。歯医者選びのポイントは以下のとおりです。

  • ホームページに歯科医や歯科衛生士の詳しい紹介が載っているか
  • 根管治療を行っているか
  • 必要な設備が整っているか
  • 料金設定が明確であるか
  • 電話対応が丁寧であるか
  • 時間をかけてカウンセリングをしてくれるか
  • 治療前に具体的な治療計画を提案してくれるか

4.歯が割れることに関するよくある質問と役立ち情報

「歯が割れる原因や治療法を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。ぜひこの情報を役立ててください。

Q.歯ぎしりが原因で歯が割れることもありますか?
A.歯ぎしりは歯の根に大きな力を加えるため、歯が割れてしまうこともあるでしょう。

Q.歯が割れて痛んだので市販の鎮痛剤を飲みました。痛みが治まったのですが歯医者に行くべきですか?
A.痛みが治まってもできるだけ早く受診してください。一時的に痛みが和らいだだけで、危険な状態であることに変わりはないのです。

Q.完全に割れてはいませんが歯にひびが入っています。自然に治ることはないでしょうか?
A.ひび割れが起こるとそのまま広がっていくことはありますが、自然に治ることはありません。ひびが広がらないように、かみ合わせの調整やマウスピースの装着などの治療を行う必要があります。

Q.まったくの健康な歯が突然割れてしまうこともあるのでしょうか?
A.ぶつけたりしない限り、突然歯根破折になることはほとんどありません。何らかの要因が積み重なった結果、割れてしまうことが多いでしょう。

Q.歯根破折(しこんはせつ)の予防法にはどのようなものがありますか?

A.虫歯を放置しないこと、歯ぎしりや食いしばりのクセをやめることなどです。また、スポーツをする人はスポーツ用のマウスピースを使用するとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 歯が割れる原因や割れてしまったときの対処法・治療法などをまとめてご紹介しました。たとえ見えない場所だとしても放置しておくのは危険です。ケースによっては抜歯が必要になることもあるため、早めに適切な治療を受けることをおすすめします。ぜひこの記事を参考にして、受診を検討してください。


マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供