【必読】歯の黒ずみを除去したい?白い歯になるためのコツを伝授!


歯の黒ずみは、すてきな笑顔を台無しにするものです。しっかりメイクをしてキレイにしていても、笑ったときに見える歯に黒ずみがあると大きなマイナスになってしまいます。口元は、想像以上にほかの人からの視線を受けるものです。しかし、白く美しい歯にあこがれているものの、どうしたらいいかよくわからない人もいることでしょう。そこで、今回は、歯の黒ずみを除去し、白く美しい歯になるためのコツを詳しく伝授します。

  1. 歯の黒ずみについて
  2. 歯の黒ずみを落とす方法
  3. 歯のホワイトニングについて
  4. 歯の黒ずみに関するよくある質問

この記事を読むことで、歯の黒ずみの原因がわかり、適切な対処ができるようになります。コンプレックスを解消して、笑顔にも自信を持つことができるでしょう。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.歯の黒ずみについて

最初に、歯の黒ずみの基本を学びましょう。黒ずみが付きやすい場所や主な原因・子どもの場合などを解説します。

1-1.歯の黒ずみとは?

健康な歯は、自然な白色~象牙色をしているものです。しかし、何らかの理由で黒ずみが発生することもあります。歯の黒ずみは、見た目の印象に大きく影響し、多くの人が悩んでいるものです。特に黒ずみやすい部分は、歯の根元・歯と歯の間・歯の裏側・歯のくぼみなどとなります。それぞれの場所や原因に適した対策をして、白く美しい歯を取り戻しましょう。

1-2.歯の黒ずみで考えられる原因

歯の黒ずみは、さまざまな原因で発生するものです。主なものについては、以下を参考にしてください。

  • コーヒーや紅茶などの着色汚れ
  • 薬の副作用
  • 虫歯
  • タバコのヤニ
  • 歯石の付着
  • 歯の詰めもの(銀歯など)の劣化
  • 歯の神経が死んでいる

1-3. 子どもの歯の黒ずみについて

子どもでも、歯が黒ずむことがあります。主な原因は、以下のとおりです。

  • 乳歯の虫歯
  • 外傷などで歯の神経が死んでいる
  • 食品による着色汚れ

虫歯や神経が死んでいると思われる場合については、速やかに歯医者に相談して対応しましょう。着色汚れについては、歯みがきで解消できることもあります。

2.歯の黒ずみを落とす方法

歯の黒ずみを落とす方法を解説します。原因別の対処法やセラミック修復などの治療法・受診するタイミング・信頼できる歯医者選びのポイントなどを学びましょう。

2-1.歯の黒ずみを原因別に対処しよう

歯の黒ずみを解消するためには、それぞれの原因に適した対処が必要です。

2-1-1.食品の着色やタバコのヤニ汚れ

コーヒーや紅茶など歯に着色しやすいものを好む人や、タバコを吸っていてヤニ汚れが目立つ人は、歯みがきをきちんとすることから始めましょう。最近では、着色汚れやヤニ汚れに効果的な歯みがき剤があります。すでに歯に付いてしまったものを取るのは大変なので、歯医者に行ってクリーニングしてもらうといいでしょう。

2-1-2.虫歯

虫歯になると、患部が黒くなります。歯の黒ずみを見つけたときは、虫歯がすでに進行していることが多いのです。速やかに歯医者に相談して、治療を開始してください。放置するとますます黒ずみが広がるだけでなく、痛みもひどくなります。

2-1-3.歯石によるもの

歯石が付くと、周辺が黒ずむことがあります。特に、歯の根元中心に発生しやすいのが特徴です。歯石は、歯垢(しこう)が固まったもので、通常の歯みがきで落とすことは難しくなります。また、想像以上に歯の根の奥まで付いていることも多いものです。定期的に歯医者で歯石除去をしてもらいましょう。

2-1-4.歯の神経が死んでいる

歯の神経が死んでいることも、黒ずみの原因になります。歯の神経が死ぬと、象牙質と呼ばれる部分に血液などの着色が起こりやすくなるため、歯医者で神経を抜いて処置してもらうことが必要です。外傷により歯の神経にダメージが加わった場合も、同様に歯が黒ずむことがあります。

2-1-5.詰めものの劣化

以前治療した部分で、詰めものが経年変化で劣化すると黒ずんでしまうことがあります。特に金属製の詰めものは、定期的にチェックを受けて必要に応じて交換してください。ひとむかし前と比べ、自然な歯の色に近い詰めものも増えています。黒ずみ解消とともに、より自然な見た目にすることも考えましょう。

2-1-6.飲み薬の影響

病気の治療で、飲み薬を飲んでいると副作用で歯が黒ずむことがあります。歯みがきなどでは対応できません。飲み薬を中止しても、すでに黒ずんでしまった部分が改善することは困難です。歯医者に相談して、ホワイトニングなどの治療を受けましょう。

2-2.セラミック修復などの治療法について

どんな方法でも黒ずみを解消できないこともあります。しかし、あきらめる必要はありません。黒ずみのある部分を削り、セラミックで作った義歯をかぶせることで解決できます。見た目にも自然で美しいので、コンプレックスを解消できるでしょう。セラミック修復を希望する場合は、歯医者で相談してください。

2-3.歯の黒ずみで受診するべきタイミングは?

歯の黒ずみで以下のようなときは、歯医者を受診してください。

  • 歯に穴が開いた・すき間ができた
  • 歯の痛みや歯ぐきの腫れがある
  • 黒ずみが広がった・ひどくなった

2-4.信頼できる歯医者選びのポイントを解説

歯の黒ずみは、信頼できる歯医者に相談してください。具体的には、以下のポイントをチェックして選ぶといいでしょう。

  • 歯の黒ずみ対策に力を入れている
  • 歯科治療に関する技術力が高い
  • 治療方針をわかりやすく丁寧に説明している
  • 治療費のシステムが明確
  • 歯科医師・助手などのスタッフが親切
  • 院内設備・器具が清潔に保たれている
  • 患者からの評判がいい
  • 自宅や職場から通いやすい立地にある

なお、当吉松歯科でも、歯の黒ずみ対策に力を入れています。黒ずみの原因を正しく突き止め、適切な治療を行っていますのでぜひご相談ください。

2-5.歯の黒ずみを落とす方法に関する注意点

歯の黒ずみを落とすために、間違った方法を行うと歯を損傷してしまう恐れがあります。強い薬剤を使う方法は、歯に大きな負担をかけるので注意しましょう。市販のホワイトニング剤などを使って自分で行うときは、特に気を付けてください。歯の黒ずみを解消するはずのものが、歯に大きなダメージを与えるだけで終わってしまうこともあります。歯科医に相談し、適切な方法を選ぶことが大切です。

3.歯のホワイトニングについて

歯のホワイトニングについて詳しく解説します。自分でできる方法と病院での方法、普段の生活での予防方法などを学びましょう。

3-1.自分でできるホワイトニング

ホワイトニングは、自宅で行うことも可能です。自宅でできるホワイトニングのことを、ホームブリーチングと呼ぶことがあります。歯科医で自分の歯型にあったマウスピースを作ってもらいましょう。夜寝る前に歯みがきをし、マウスピースに漂白剤を塗って装着し、そのまま寝てください。就寝中の時間を活用し、歯を削ることなく、約2~4週間で白い歯になれます。

3-2.歯医者でのホワイトニング

歯医者で受けるホワイトニングのことを、オフィスホワイトニングと呼びます。オフィスホワイトニングは、高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に短時間塗布して漂白する方法です。歯科医が行うので、仕上がりもキレイで効果が高く、高品質な点で人気が高まっています。施術時間も1回数十分程度なため、治療中の負担が少ないことも特徴です。

3-3.歯の黒ずみの予防方法について

歯の黒ずみは、生活習慣や食べものに気を付けることで予防できます。主な方法としては、以下を参考にしてください。

  • 丁寧な歯みがきをする
  • 食後にガムをかむ
  • 虫歯や歯周病にならないように気を付ける
  • コーヒー・ワイン・紅茶・チョコレートなど着色しやすい食品を避ける
  • 定期的に歯科に通ってクリーニングをする

3-4.歯のホワイトニングに関する注意点

ホワイトニングは、きちんと決まったやり方を一定期間続けることで効果が期待できるものです。1回やっただけで見違えるほど美しくなるとは限りません。ホームブリーチング・オフィスブリーチングのいずれも、根気強く続けたり自己管理ができなかったりする人には難しいでしょう。なお、ホワイトニングを行っていて歯や体調に異常を感じたときは、速やかに歯科医に相談してください。

4.歯の黒ずみに関するよくある質問

最後に、歯の黒ずみに関するよくある質問に回答します。白く美しい歯を手に入れるためにも、それぞれ参考にしてください。

4-1.歯が黒ずんでいても命には別条ないですよね?

歯の黒ずみがあっても直接命にかかわることはほぼありません。そのため、多くの人が放置してしまい、状況が悪化してしまうのです。命にかかわる症状でなくても、早めに改善してください。歯の黒ずみは、歯に異常があることのサインです。健康で美しい歯を取り戻すためにも、早めに対応してください。

4-2.乳歯が黒ずんでいた子どもは永久歯も黒ずみやすいのでしょうか?

乳歯が黒ずんだ原因にもよります。虫歯や着色汚れが原因の場合は、生活習慣に問題があるため、改善しない限りは永久歯も黒ずみやすいでしょう。投薬などの影響の場合は、治療が終われば問題なく改善することもあります。いずれにしても、毎日のケアをきちんとして黒ずみが付着しないように気を配ることが必要です。

4-3.市販の「歯が白くなる歯みがき粉」で黒ずみ解消できますか?

表面に軽く付着した汚れなら、市販の歯みがき粉でも解消できることがあります。ホワイトニング効果をうたっているものを使ってみるといいでしょう。しかし、歯の内部の黒ずみが解消できるわけではありません。歯みがき粉を使ってみても変化がないときは、歯医者に相談してください。

4-4.歯医者のホワイトニングは何年持ちますか?

歯医者でホワイトニングをした場合、数か月から1年程度は白い歯を持続できるはずです。しかし、ホワイトニング効果は徐々に薄れます。汚れが付着したり、黒ずみの原因が復活したりしたときは、再度ホワイトニングを受けましょう。歯のメンテナンスやクリーニングをしつつ、ホワイトニングを併せて行うことで常に美しい歯を維持できます。

4-5.歯医者のホワイトニングは健康保険適用ですか?

ホワイトニング治療は、保険適用外となります。従って、治療費は全額負担となることを覚えておきましょう。歯医者によっても、治療方針や費用はまちまちです。治療を開始する前に十分に説明を受け、検討してください。治療費は、総額で数万円から数十万円程度が目安です。

まとめ

今回は、歯の黒ずみに悩んでいる人のために、白く美しくするために効果的な方法を詳しく解説しました。歯の黒ずみを除去するためには、単に歯みがきをしっかりやればいいということではありません。原因を正しく把握し、適切な対応をすることが大切なのです。今は、歯のセラミック治療やホワイトニングなどの技術も進化しています。ひとりで悩まず、信頼できる歯医者に相談してください。口元の悩みが解消できれば、笑顔にも自信が出て前向きな気持ちになることができます。コンプレックスを解消するためにも、ぜひ考えてみてくださいね。


マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供