味覚障害で悩んでいる人集まれ! 症状・原因・治療を徹底解説します!


「何を食べても味がしない」「おいしくないから食欲がわかない」など、味覚障害はつらいものがありますよね。食事をおいしく食べることができるのは、とても幸せなことです。好物を口にしても味がよくわからないのでは、人生の楽しみも半減してしまいます。そこで、今回は、味覚障害で悩んでいる人のために、主な症状・原因・治療などについて詳しく解説しましょう。

  1. 味覚障害の基礎知識
  2. 味覚障害の種類や症状は?
  3. 味覚障害の原因と考えられる病気について
  4. 味覚障害の治療を解説
  5. 味覚障害のセルフケアを学ぼう
  6. 味覚障害についてよくある質問

この記事を読むことで、味覚障害について正しく理解し、適切な治療を受けることができるようになります。つらい症状を改善して食事をおいしく食べるためにも、ぜひ活用してください。

1.味覚障害の基礎知識

最初に、味覚障害の基礎知識を学びましょう。定義・メカニズム・なりやすい人や患者数を解説します。

1-1.味覚障害の定義

味覚障害とは、何らかの原因により正常に味を見分けられなくなっている状態です。別名、味覚減退・味覚過敏・味盲(みもう)と呼ばれることもあります。病気の症状のひとつとして表れることも多く、きちんとした診断が必要です。

1-2.味覚障害が起こるメカニズム

食べものが口に入ると、唾(だ)液と混ざります。すると、舌にある味蕾(みらい)という部分が感知して味を見分けるのです。味蕾(みらい)で感知した後は、脳が「甘い」「しょっぱい」などと判断します。味蕾(みらい)や脳神経に異常があると、正しく味を判断できなくなり味覚障害が起きるのです。

1-3.味覚障害になりやすい人や患者数

以下の人は味覚障害になりやすいものです。

  • 不規則な生活をしている
  • 偏った栄養バランスの食事をしている
  • 大きなストレスを抱えている
  • 病気治療のために服薬中
  • 喫煙者
  • 高齢者

味覚障害の患者数は、はっきりしているものだけで数十万人となります。患者数は年々増え続けており、潜在的な数を含めるともっと多いことは明らかです。

2.味覚障害の種類や症状は?

味覚障害の主な症状や分類について学び、理解を深めましょう。

2-1.味覚障害の主な症状

味覚障害になると、主に以下の症状が出てきます。いずれにしても、本人にとってかなり不快であることは事実です。

  • 味が薄い気がする
  • 味がまったくわからない
  • 特定の味がよくわからない
  • 濃い味はわかるが薄い味が判断できない
  • 甘いはずなのに苦い気がする
  • 口の中に何も無いのに味がする気がする

2-2.味覚障害の分類について

味覚障害は、症状の出方によっていくつかに分類することができます。

  • 味覚減退:苦い・甘い・酸っぱい・しょっぱいなどの味覚が薄れる
  • 味覚消失:味がまったくしなくなる
  • 自発性異常味覚:何も食べていないのに甘みや苦みなどを感じる
  • 解離性味覚障害:甘みなど特定の味覚だけ感じない
  • 異味(いみ)症:本来の味覚とは異なる味がする・嫌な味がする

3.味覚障害の原因と考えられる病気について

味覚障害の原因を学びましょう。また、味覚障害で考えられる病気についても解説します。

3-1.味覚障害の原因は?

味覚障害の主な原因には、以下のようなものがあります。

  • 薬の副作用
  • 食事の栄養バランスが悪い(亜鉛不足など)
  • 慢性疲労
  • 加齢

3-2.味覚障害で考えられる病気について

味覚障害は、病気の症状のひとつとして表れることがあります。味覚障害以外にも、気になる症状があるときは注意してください。

  • 口内の病気(舌炎・歯周病など)
  • 貧血
  • 糖尿病
  • 肝臓病
  • 副鼻腔(びくう)炎など鼻の病気
  • 顔面神経麻痺(まひ)
  • うつ病など心因性の病気

3-3.味覚障害を放置するとどうなる?

味覚障害は、放置しないでください。症状が悪化して、味がまったくわからなくなるほか、治療も困難になります。また、味覚は食欲と密接なつながりがあるため、食欲低下を招き、栄養不足に陥る可能性を否定できません。健康で楽しい生活を送るためにも、味覚障害は早期治療が大きなカギとなります。

4.味覚障害の治療を解説

味覚障害の治療について解説します。病院に行くべき症状や実際の治療方法など詳しく学びましょう。

4-1.味覚障害で病院に行くべき症状とは

ストレスが原因の味覚障害は、一時的なものであれば回復します。しかし、長期間改善しない場合や症状が悪化する場合は、速やかに病院に行きましょう。また、味覚障害以外にも体の不調(発熱・だるさ・痛み)などがあるときも同様です。できるだけ早く治療を開始してください。

4-2.味覚障害は何科を受診するか

味覚障害の原因が舌炎や歯周病など、口内環境にあるときは、歯科を受診しましょう。もしくは、耳鼻咽喉科でも対応できる場合があります。ただし、歯科や耳鼻咽喉科でも、味覚障害の治療に詳しくないことがあるため、受診する前に味覚障害の治療を行っているか確認してから出かけましょう。

4-3.歯科での味覚障害治療について

歯並びが悪いことが舌炎や歯周病を引き起こしていることがあります。まずは、根本的な原因を無くしましょう。健康な口内環境があってこそ、正常な味覚が生まれるのです。なお、糖尿病など歯科以外の治療が必要な場合は、同時に行うことも忘れないでください。

4-4.味覚障害の治療方法を学ぼう

味覚障害の治療は、原因となる病気の治療を優先することになります。ほかに病気の症状が無く、味覚障害の症状だけが出ているときは、投薬治療が主流です。早期治療が実現できれば投薬治療による効果も早く期待できます。しかし、治療が遅れた場合は元どおりの感覚が戻るまで長い時間が必要になると考えましょう。

4-5.味覚障害の手術・入院・費用について

味覚症状の手術をする場合としては、重度の歯周病などで切開が必要なケースがあります。症状によって日帰り入院が可能な場合と、数日間の入院が伴う場合とまちまちです。日帰り入院の費用は治療費用込みで数万円程度、数日間の入院が伴う場合は数十万円になることもあります。当吉松歯科でも、歯周病の治療に力を入れていますのでぜひ参考にしてください。

4-6.味覚障害の投薬について

味覚障害を改善するためには、亜鉛の投与が効果的です。そのため、治療薬として亜鉛剤を処方することが多くなるでしょう。また、栄養バランスを取るためにビタミン剤などを併用することもあります。

4-7.味覚障害の治療に関する注意点

味覚障害の治療を受けるときは、医師から治療法についての説明をきちんと受けてください。適切な治療方法であっても、患者自身が納得していないと効果が半減するものです。また、治療を受けていることに頼りきってしまうのもいけません。普段の生活でも、セルフケアを行って味覚障害を改善することが大切です。

5.味覚障害のセルフケアを学ぼう

味覚障害は、セルフケアでも改善を目指しましょう。効果的な方法やNG行為について解説します。

5-1.食事や栄養に気を付けよう

味覚障害を改善するためには、食事や栄養に気を付けることが大切です。特に、亜鉛を多く含んだ食品を積極的に摂取しましょう。亜鉛は、味を感じ取る味蕾(みらい)を作るために必要な栄養です。

  • あさりなどの貝類
  • にぼし
  • するめ
  • うなぎ
  • ごま
  • 牛肉
  • 豚レバー
  • 豆腐などの大豆食品

また、ほかにもビタミンやミネラル・タンパク質など、栄養バランスのいい食事を心がけましょう。無理なダイエットは、栄養バランスを崩します。味覚障害をもたらす原因になるので気を付けてください。

5-2.味覚障害のセルフケアとして有効なそのほかの方法

そのほかにも、味覚障害のセルフケアとして有効な方法をご紹介しましょう。

5-2-1.唾(だ)液腺のマッサージ

味覚障害を防ぐためには、唾(だ)液の分泌(ぶんぴ)をよくするためマッサージが効果的です。

  • 耳下(じか)腺のマッサージ:顔の側面で上の奥歯の両横を親指でゆっくりと円を描くように押す
  • 顎下(がっか)腺へのマッサージ:あごの下にあるくぼみに沿って耳側からあご先までゆっくりと押していく
  • 舌下(ぜっか)腺のマッサージ:あごの下にあるくぼみの位置を親指でゆっくりと押し上げる

唾(だ)液腺マッサージは、各部位とも10回程度行ってください。押して気持ちいいと感じる強さでゆっくりと行うことがコツです。

5-2-2.サプリメントを飲む

亜鉛を含んだサプリメントを飲むことも、味覚障害のセルフケアとして有効です。毎日決まった量を飲み続けてください。健康食品なので薬のような即効性は無く、穏やかな効果の出方になります。購入するときは、成分一覧やメーカーをきちんと確認し高品質なものを選びましょう。

5-2-3.口内環境を清潔に保つ

口内環境が悪化すると、舌に苔(こけ)が生えたり舌炎にかかりやすくなったりします。また、歯垢(しこう)や歯石が付いて歯周病や虫歯の原因になり、味覚障害を引き起こすことがあるので注意しましょう。適切なブラッシングと歯科での定期健診で、常に口内間環境を清潔に保つようにしてください。

5-3.味覚症状のセルフケアでNG行為とは?

何ごとも、やり過ぎは禁物です。味覚症状の原因として、ストレスが主なものに入っていることを忘れないでください。一所懸命に対策することがストレスになってしまうと逆効果です。セルフケアはこつこつと続ける必要があります。挫折を防ぐためにも、厳密になり過ぎないように気を付けましょう。

6.味覚障害についてよくある質問

最後に、味覚障害についてよくある質問に回答します。つらい症状を改善するためにも、それぞれ目をとおしておきましょう。

6-1.子どもの味覚障害の治療で気を付けることは?

子どもは体も味覚も発達途中にあります。できるだけ栄養バランスのいい食事を心がけることを第一に考えてください。また、子どもにとって大きなストレスになっていることが無いか、注意深く観察してみましょう。食べものをおいしくないと言って残す背景には、大人が想像できない部分でストレスを感じていることがよくあるものです。安心して毎日を暮らすことができれば、味覚障害の治療もスムーズに進むことでしょう。

6-2.激辛食品の食べ過ぎで味覚障害になると聞いたのですが?

激辛食品は刺激が強く、舌や口内が荒れやすいものです。口内環境が悪化すると味蕾(みらい)の働きが弱くなって味覚障害を引き起こすことがあります。また、刺激が強いため繊細な味わいを感じにくくなることがあるので気を付けてください。普段から激辛食品を好む人は、できるだけ控えめにし、食べ続けないようにしましょう。食べた後は、お茶や水を多めに飲んで口の中をさっぱりするのもおすすめです。

6-3.加齢が原因の味覚障害は治らないのですか?

高齢になると味蕾(みらい)の働きが悪くなったり唾(だ)液の分泌(ぶんぴ)が少なくなったりします。高齢者で味覚障害を起こしている場合は、思うように改善しないこともあるでしょう。しかし、あきらめてはいけません。唾(だ)液腺マッサージをしたり、亜鉛を多く摂取したりすることなどを心がけてください。また、食事環境を整え、楽しく食べることも大切です。健康寿命を延ばすためにも、食事をおいしく食べることができることは重要なカギとなります。根気強く対策を続けましょう。

6-4.何をやっても味覚障害が改善しない場合の原因は?

味覚障害の原因が複数ある場合や、脳神経疾患の場合は症状の改善が困難なことがあります。治療を続けても思うような効果が出ないときは、かかりつけ医に相談してください。また、自覚が無くてもほかに病気が隠れていることもあります。再度検査をしてもらって、治療方針を見直してもらいましょう。

6-5.味覚障害がある人の食事で気を付けることは?

味覚障害があると、本来の味を感じにくくなるため食事が苦痛になる人も多くいます。味覚が戻るまでは、食事に興味が無くなることもあり栄養不足が心配です。食事の楽しさは、味だけでなく見た目や雰囲気も重要なポイントとなります。たとえば、食事の色合いを工夫して見た目にも楽しいメニューを心がけてみてください。また、できるだけひとりの食事とならないよう、家族と一緒に食べるなども有効です。

まとめ

今回は、味覚障害について詳しくまとめました。食事をおいしく食べることができないのは、大きなストレスです。しかし、味覚障害になってもきちんと原因を見つけ、早期に治療を開始することができれば改善できます。好きなものをおいしく食べるためにも、しっかり治療を受け、セルフケアで対策しましょう。併せて口内環境を良好に保つことを心がけることも大切です。


マイクロスコープを用いた精度の高い根管治療を提供